2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年2月16日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2017年2月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2017年2月23日 (木)

2017年2月16日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、木星・ガリレオ衛星を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間1/15秒、低振動モード4秒、4:30頃

67fl7108epl5__2017216_iso2000_151_b

↓シュミレーションでは↓こんなような並びになってました。

2017216043001

エウロパが 木星の 前に来ていました。

もちろん、アイピースから覗いても エウロパの存在は分かりませんが

この位置を知ってるか知らないかでは 見方が違うでしょう。

この日もアイピースで観望したのですが・・・

実は最近、アイピースで観望するときに 天体の導入の利便性から

90°正立プリズムを使用しているのですが 木星のような明るい天体だと

稜線が光状となって線のように見えてしまいますね。

ちょっとこれだと微妙な縞模様などが見えにくくなるのが気になります。

これは屋根型プリズムの稜線がある以上、避けられないようですので

惑星は天頂プリズムにして観望したほうが良さそうですね。

« 2017年2月16日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2017年2月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年2月16日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2017年2月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック