2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「ソンブレロ銀河M104」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「球状星団M3」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

2017年2月11日 (土)

「まゆ銀河NGC4490」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS)

自宅前にて、「まゆ銀河NGC4490」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + GPガイドパックS です。

↓リサイズ、トリミング、感度ISO2000、露出時間50秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5gpgpsngc4490_201724_iso

中央にある 2つのモヤッとしたものが NGC4490 です。

とても淡いので 難しいですね。透明度は なかなか良かったのですがねぇ。

光害地では かなり厳しい天体なんでしょうかね。

露出不足なのは承知ですが、これ以上露出時間を延ばしても

追尾が上手くいくかという問題もありますし

何よりも光害でバックが白くなっていくことは間違いないので

NGC4490 が光害で埋もれていくことになりそうです。

そうすると 光害カットフィルタとかを使う方法をとる必要がありそうですね。

しかし光害カットフィルタを使うと露出時間をさらに伸ばす必要があるので

撮影時間をあまり確保できないオイラはかなり厳しい状況となります。

ということで、NGC4490は

この画像あたりがオイラ的には落ち着きどころなのかもしれません。

 

« 「ソンブレロ銀河M104」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「球状星団M3」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ソンブレロ銀河M104」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) | トップページ | 「球状星団M3」の撮影 2017年2月4日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、GPガイドパックS) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック