2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« CP+ 2017 行ってきました!(VIXENブース編 その2) | トップページ | CP+ 2017 行ってきました!(ニコンイメージング ブース編 その1) »

2017年3月 2日 (木)

CP+ 2017 行ってきました!(VIXENブース編 その3)

「VIXEN ブース編 その2」 のつづきです。
まずは、CP+ の直前に発売された この双眼鏡。
02_vixen15
カタログを見ると 、フリーマルチコート、フェーズコート、防水、ハイアイ、と
なかなか良い製品かと思います。
価格的にもバランスがとれてるかと・・・。
さて、双眼鏡のコーナーで昨年新発売されてから
とてもとても気になっている こちら。
 
02_vixen14
現在のところ 購入価格が引っかかって 入手には至っておりませんが
引き続き、オイラの欲しい物リストに入っています。
倍率、サイズ感、防水仕様、などは まあ良くある仕様ですが
特に明るくシャープな星像を約束する高品位光学系というカタログ表記が
オイラには印象的で どんだけ良く見えるのかが とても気になって
仕方がありません。
あと、やはりピントリングの径が大きいので ピント合わせはしやすいですね。
微妙なピント合わせにも考慮した設計とのことで その点では安心感があります。
う~ん、とっても欲しいです。
近々 もしかしたら・・・。
02_vixen16
もう おなじみですが、こちら星空を観察するには非常に便利な双眼鏡です。
肉眼との倍率の差があまりないので、これで晴れた日の夜空を見ると
光害地でも「 わっ、こんなに星が見える! 」と思ってしまったことを
今でも思い出します。
これは一家に一台あってもイイかと。
ただ、それぞれ左右のピントをシッカリと合わせないと良く見えませんので
注意したいところです。
あと、どうしても不満なのが 周辺像が かなり劣化している点ですね。
正直 端の方は 許せないくらい劣化して星がビヨーンと伸びてしまっています。
フラットナー とか組み込まれた 双眼鏡に慣れた方は おそらく同意見かと
思われます。
ビクセンさん、この収差 どうにかなりませんかねぇ。
 
 
 
 

« CP+ 2017 行ってきました!(VIXENブース編 その2) | トップページ | CP+ 2017 行ってきました!(ニコンイメージング ブース編 その1) »

展示会 CP+」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック