2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団NGC457」の撮影 2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2017年7月6日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2017年7月13日 (木)

2017年7月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ、トリミング、感度ISO1600、露出時間1/320秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2017617_iso1600_3201_b

基本的に曇り空でしたが、流れゆく雲の隙間から月が覗いたときに

タイミングよく なんとか撮れました。(雲が掛かってますね)

晴れていれば、月は3分程度で撮影が終了しますが

3倍くらいはかかったかと思います。

手順としては

①月を視野中心に入れる

②ピントを合わせる

③感度、露出、を決める

④撮影

⑤撮影画像を見て確認、良ければ終了

⑥撮影画像が悪い または 念のため露出時間を替えて撮影する場合は③に

こんな感じでしょうかね。

雲の隙間がタイミングよく来たときに ①、②、④、が連続で出来ないことが

多いので、けっこう時間のロスがあるんですよね。

ピントを合わせるとき、雲の厚みにもよりますが

雲が薄くてもピントを合わせられる場合もありますが

意外とピント合わせが 見にくくて かなかな合わないことが多いですし

④の撮影も、セルフタイマー や 低振動モード を使ってやるので

どうしても 実際にシャッターを切るときに ちょうど雲が横切ることが

結構ありますから、何度もやり直しがあったりします。

そんな苦労をしながら撮った一枚なんです。

« 「散開星団NGC457」の撮影 2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2017年7月6日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団NGC457」の撮影 2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2017年7月6日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック