2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年6月17日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「コートハンガー」の撮影2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2017年7月 6日 (木)

「アレイ状星雲M27」の撮影 2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「アレイ状星雲M27」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_m27_2017623_iso2000_40

これは、光害地としては なかなか良いかと思います。

やはり高度が高いと光害の影響は少なくなるので

元画像のバックも濃いめの灰色になっています。

バックの灰色の具合は 光害の影響のレベルが出ますから
バックが明るいほど光害の影響があると言えるわけです。

最近は、いて座の近くの星雲星団を撮る機会が多かったので

高度の低い画像を見ることが多くて

つまりバックが光害でやられている明るい画像を見慣れていたので

M27のような比較的高度が高い天体画像を見たときに

「バックの色が こんなに違うのか~」と思ってしまいましたね。

まぁそんなことで、このM27 も光害の影響をかなり受けているのは

間違いないのですが この仕上がり画像を見ていると

それを忘れてしまいそうなほど綺麗に見えてしまいます。

特に眼視では この星雲は雲のような灰色にしか見えないのですが

画像ではカラフルに青色や赤色が分かりますから

なおさら綺麗と感じてしまうんですよね。

うん、自宅前での一枚画像としては とにかくイイ画像だと思います。

« 2017年6月17日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「コートハンガー」の撮影2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年6月17日の土星(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「コートハンガー」の撮影2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック