2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2017年7月9日の太陽(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5) | トップページ | 2017年7月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2017年7月12日 (水)

「散開星団NGC457」の撮影 2017年6月23日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団NGC457」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5ngc457_2017623_iso2000_

毎度おなじみの ET星団こと NGC457 です。(画像中央部の星の集まり)

この星団は、いつ見ても 楽しませてくれますね。

( ちらの記事を参考にしてください。 )

天頂付近の透明度は まあまあ良かったのですが

カシオペヤ座付近は まだまだ高度が低いこともあって透明度が悪かったです。

やはり透明度が悪いと郊外の影響が元画像には顕著にでます。

ちなみに元画像のバックは 明るめのグレーです。

散開星団は、この画像のように 簡単な画像処理で かなり改善されますから

とても有難い時代になりました。

30年以上前のアナログ主流の時代では考えられないことでしたからね。

 

 

 

« 2017年7月9日の太陽(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5) | トップページ | 2017年7月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年7月9日の太陽(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5) | トップページ | 2017年7月5日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック