2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年12月2日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2017年12月9日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2017年12月16日 (土)

「系外銀河M51」の撮影 2017年12月2日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「系外銀河M51」を撮影しました。 

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

 ↓リサイズ、ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5m51_2017122_iso2000_30_

画像中央より 少し左↑に黒い帯がありますが、電線です。

十分な時間が確保できなくて 撮り直しが出来なかったので 一発勝負のこの一枚を

出しています。

画像処理では、バックグラウンドスムースを強めにしてあるので

星像が少々不自然な気もしますが 目を瞑っていただければと思います。

それから、ピント調整がイマイチだったようで 星像はあまいですね。

ということで、正直 あまり胸を張ってお見せできる画像ではありませんが

こんなことも よくあるということで記事にしております。

中央にある モヤッとした M51 ですが 親と子の繋がり部分が淡すぎて

イマイチ見えてないですね。

いつも 「もっとクックリとさせたいなぁ…」とは思うものの

露出時間と光害との闘いというところで負けてしまってます。

まあ、まだ高度が低いので これから本番ということで期待したいですね。

 

 

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年12月2日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2017年12月9日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年12月2日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「オリオン大星雲M42」の撮影 2017年12月9日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック