2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M53」の撮影 2017年12月23日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年12月23日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2018年1月 3日 (水)

2018年1月2日のスーパームーン(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月(スーパームーン)を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓ノートリミング、感度ISO200、露出1/1000秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5__201812_iso200_10001_b

↓トリミングしてみました

36ed7110epl5__201812_iso200_10001_2

1/1 の 24時をまわって、1/2 の 3:05頃の画像です。

一年のうちで最も大きく見える満月ということで

少し話題になっていたようですね。

満月の瞬間は、1月2日 11時24分 とのことでしたが

地球中心と月の最接近の瞬間は、1月2日 06時49分 のようでした。

撮影中のピント合わせで

ライブビュー画面で拡大された月面を見ましたが

超シーイングが悪くて月面がメラメラユラユラ状態でした。

それの影響だと思いますが、画像も良いとは言えませんね。

こんだけシーイングが悪かったのは 超・久しぶりな気がします。

逆に コ・ボーグ36ED だから この程度の画像の劣化で済んだ

とも言えるかもしれません。

« 「球状星団M53」の撮影 2017年12月23日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年12月23日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(太陽・月・惑星)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M53」の撮影 2017年12月23日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2017年12月23日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック