2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 「系外銀河M58・M59・M60」の撮影 2018年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2018年1月13日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2018年1月26日 (金)

「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2018年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「系外銀河M65・M66・NGC3628」を撮影しました。 

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら) 

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_m65m66ngc3628_2018113_

少し寝ぼけたような画像になりました。

理由ですが、かろうじて写っているNGC3628 を

出来る限りクッキリとさせたいと思って

画像処理を頑張った結果こうなった訳です。

画像処理ソフトは「ステライメージ」ですが、どんな画像処理をしたかと言うと、

最初は いつも通り

レベル調整、トーンカーブ、リサイズ、トリミング

その後に、さらに強調するために 追加で トーンカーブ、スタースンハンス、

ネビュラースムース、

最後にノイズを低減する効果を期待して、

バックグラウンドスムースを実行しています。

この最後の処理で 寝ぼけ画像化してしまっていますが、これをやらないと

ノイズが凄いので 仕方ないと思ってやりました。

やっぱ、元画像のコントラストが悪いので無理がありますね。

撮影時間と画像処理時間を今よりも増加することなく

もっと良い画像を得られる方法は ないのでしょうか・・・。(無理か…)

« 「系外銀河M58・M59・M60」の撮影 2018年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2018年1月13日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「系外銀河M58・M59・M60」の撮影 2018年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 2018年1月13日の月(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック