2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M4」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

2018年3月 2日 (金)

「球状星団M5」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「球状星団M5」を撮影しました。 

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

 (機材詳細は、こちら)  

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出30秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_m5_2018218_iso2000_30_

透明度も比較的良かったので、写りとしては悪くない部類だと思います。

いつもM5の画像を見て思うのですが、M13との違いはハッキリと分かりますが

M3との見分けがつかなかったりすることがあります。

M3とよく似ていると思うのはオイラだけでしょうか???

微光星の中心部の凝縮度や周辺のばらけ方が似ている感じがします。

さて、CP+2018が始まりましたね。

ボーグのツイッターを拝見したのですが、画像に・・・

新しいレデューサーらしきもの、

太いカーボン鏡筒らしきもの、

モバイル赤道儀コーナーにはSLIK ECH-630っぽいのが・・・、

これらは見てみたいですね。

今回のBORGブースの第一印象は、「カッコイイ」の一言です。

ここ数年とはまったくデザインが違いますね。

見に行くのがとても楽しみです。(いつ行けるのか???謎?)

  

« 「球状星団M4」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M4」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M13」の撮影 2018年2月18日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック