2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「アレイ状星雲M27」の撮影 2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2018年4月12日 (木)

「コートハンガー」の撮影2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「コートハンガー」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間15秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_201848_iso2000_15_bl01

この日は、導入に少し苦労しました。

やはり、透明度が悪いと目的の天体を探すのに一苦労しますね。

いつも通り、わし座のアルタイル から や座、 そこから西に視野を移動して

目的のハンガーコートへとたどり着くはずが や座から コートハンガーに

行くときに なかなか 分からなくて 何回もやり直したりしました。

やはり透明度が悪いと 恒星の見える限界等級が落ちるのでしょう。

後から コートハンガーを構成する恒星の明るさを調べたら

最も明るい恒星が5.14等級、次に5.60等級、その次は5.84等級

それ以外は、全て 6.0等級よりも暗い恒星でした。

ミニボーグ67FL でE-PL5を使っての電子ファインダー越しに見た時

5等級程度までは、確実に見えることは確認していましたが

透明度が悪いと 途端に見えにくくなるのは認識していました。

それが、6等級レベルになると なおさら顕著になりますよね。

納得ですね。

« 「アレイ状星雲M27」の撮影 2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アレイ状星雲M27」の撮影 2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「こと座のダブルダブルスター」の撮影 2018年4月8日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック