2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「球状星団M13」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC6910」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2018年4月 4日 (水)

「散開星団M29」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団M29」を撮影しました。 

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4

67fl7108epl5m29_2018325_iso2000_30_

今シーズン初の M29です。

一カ月前あたりから 撮ろうとは思っていたものの

高度が低くて まだ近所の家の影になっていましたから無理でした。

ようやく なんとか撮れる高度になってきたので

これからが M29 のシーズンとなりますね。

M29 は、はくちょう座の 真ん中あたりのγ星の近くにあるので

M29 が見えるということは はくちょう座も見えるということになります。

ということは、天の川も見える訳ですね。

いや、オイラ自宅前では 天の川は 無理です。見えません。

何せ光害バリバリですから 自宅からなんて一度も天の川は

見えたことがありません。

ただ、M29付近は 天の川の中なので 画像で見ても分かる通り

 微光星が とっても多くて、望遠鏡の低倍率での観望や

双眼鏡での流し見は とても楽しい場所です。

低倍率で M29 付近を 流し見してみたくなったオイラです。

 

« 「球状星団M13」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC6910」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「球状星団M13」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC6910」の撮影 2018年3月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック