2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 「コートハンガー」の撮影2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M22」の撮影 2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2018年5月 3日 (木)

「干潟星雲M8」の撮影 2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「干潟星雲M8」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間20秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5m8_2018420_iso2000_20_2

今シーズン初撮影の M8 です。

前日の天気予報では透明度も期待できそうなコメントを言っていたのですが

実際には そうでもなく 薄い膜が張ったような状態だったので

いて座付近は 高度が低いこともあって 透明度は どちらかと言うと

悪い部類でした。

ということで、あまり露出時間を延ばしてもバックが白くなってきてしまうので

ご覧の通り かなり短めの設定です。

星雲中心部の赤い部分は分かりますが、周辺の淡いところは

コントラストが悪くて かなり厳しい状況ですね。

やはり、M8 は 透明度がよっぽと良くないと 画像の仕上がりには

期待できそうにありません。

次回に期待しましょう。

 

« 「コートハンガー」の撮影2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M22」の撮影 2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「コートハンガー」の撮影2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「球状星団M22」の撮影 2018年4月20日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック