2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「散開星団NGC6910」の撮影 2018年6月30日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2018年7月1日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2018年7月18日 (水)

「ペルセウス座二重星団(h-χ)」の撮影 2018年7月1日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「ペルセウス座二重星団(h-χ)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間20秒、低振動モード2秒

67fl7108epl5_201871_iso2000_20_bl01

今シーズン初の ペルセウス座二重星団 かもです。

薄明開始後の撮影ですが 気になるほど影響はなさそうです。

今回、カシオペア座α星から導入したのですが まだ慣れないので

スムーズには行きませんでした。

カシオペア座からペルセウス座二重星団を導入するには

赤経軸を東側に回転させていくだけなので単純で簡単なのですが

回転させる角度が少し大きいので視野に入ってくる星の並びや明るさで

判断する必要があります。

赤経軸に目盛でもあればよいのですが 残念ながらありません。

何回も繰り返し経験して 慣れることが習得への早道でしょう。

★★★火星大接近まで一カ月をきりました!★★★

地球との最接近は 7月31日 です。

前後1カ月くらいは 火星が見やすい時期なので

お見逃しないようにしましょう!

■■■星ナビ8月号■■■

見る・撮る・楽しむ「火星大接近」

« 「散開星団NGC6910」の撮影 2018年6月30日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2018年7月1日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団NGC6910」の撮影 2018年6月30日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「リング星雲M57」の撮影 2018年7月1日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック