2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 「散開星団M103」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

2019年7月24日 (水)

「散開星団NGC457」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「散開星団NGC457」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間20秒、低振動モード2秒

67fl7108epl5ngc457_2019718_iso2000_20_bl

画像中心部の 星の集まりが NGC457 です。

宇宙人のような星の並びから、「E.T.星団」とも呼ばれています。

比較的小口径の望遠鏡でもアイピース越しに見ると、この姿が分かります。

撮影前に、窓から空を見るとベタ曇りだと思って半分あきらめながら
外に出ると薄雲りながら晴れていて、1~2等星がやっと見えるような
あまり天体観測や撮影には 適さない空でした。
今回は、このNGC457を導入するのに 結構苦労しましたよ。
何せ カシオペア座の星が肉眼で見えるか見えないか といった空でしたからね。

いつもながらですが

レベル補正、トーンカーブ、スターシャープ、スターエンハンス、

バックグラウンドスムース、と画像処理をしています。

なかなか綺麗に仕上がったと思います。

« 「散開星団M103」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

天体観測(星雲・星団)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「散開星団M103」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) | トップページ | 「散開星団NGC663」の撮影 2019年7月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ) »

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Vixen 太陽観察用品 日食グラス ともだち ★12/26 部分日食!★
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2020 星空散歩
  • ビクセン オリジナル天体カレンダー 2020年版
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック