2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体観測(全般)」の記事

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年 2018年1月1日

あけましておめでとうございます。
今年も どうぞよろしくお願いいたします。
 
昨年は、長女が中学1年生となって 少し生活スタイルに変化がありました。
結論から言いますと、さらに忙しくなってしまってます。
他にもいろいろと忙しくなる要素はありますが
今年も、家事や子供たちのフォローで 休日も忙しい日々を送ることになりそうです。
実は、昨日の夕方も 子供たちの冬休みの宿題の進捗を確認して
やらねばいけないと思うところは無理矢理進めるようガイドしたりしました。
まあそんな関係で平日は、ほとんど天体撮影&観望が出来ないし
休日の昼間は趣味の時間など ほぼ確保できない
という事態になっていますが、科学技術の発達のお蔭もありまして
隙間時間などの短い時間を活用して なんとか趣味は続けていこうと思います。
さて、今年の天体撮影&観望の予定ですが
毎年御用達の↓これに書き込んでいかねばと思ってます。
2018_2
今年の大体のおさえておくべき天文現象は、
こんな感じかと思います。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1/31 皆既月食(楽しみです!)
5/9  木星が衝
6/27 土星が衝
7/27 火星が衝
7/28 皆既月食(明け方の月没直前に皆既)
7/31 火星が地球に最接近!
8/13 ペルセウスザ流星群(月齢的に条件が非常に良い!)
8/18 金星が東方最大離角
12/14 ふたご座流星群(上弦の月がありますね→夜半以降はgood!)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
まず、1/31の皆既月食は
子供たちにも見せたいので
なんとか天気が良くなってもらいたいものです。
さてと、これから洗濯機がそろそろ仕事を終えるので
洗濯物を干したら(かなり大量!)
外に出て星空を 少しだけ見てきたいと思います。

2017年12月14日 (木)

「ふたご座流星群」の観望 2017年12月14日

毎年楽しみにしているふたご座流星群ですが、 
今年の流れ星が最も多く流れるとされる極大時刻は、
12月14日 午前3時ごろと予想されているようです。
今日、まさに その日です。
実は、いま空を12分程眺めてきましまた。
↓イメージです。
20171214
予想極大時刻よりも大分前ですが、
結論から言いますと、「流れました!」
暗い流星が多かったですが 結構な数が見れましたよ。
12分間で 9個カウントしましたから。
住宅地で視野が狭いこと、光害地ということ、などを考慮にいれると
結構な数が流れていたものと思われます。
単純に 1時間当たりの数を計算すると
1時間あたり 45個 流れることになります。
つまり HR45 ということですね。
ただ、今回の9個の明るさですが
1等級 ・・・ 1個
2~3等級 ・・・ 8個
という感じでした。
明日、晴れてくれれば また見たいと思います。
 

2017年10月31日 (火)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年10月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_20171026_iso2000_30_bl

この季節、晴れれば必ずみる 三ツ星です。

左下隅のζ星の近くに赤い星雲が微かにですが写っています。

馬頭星雲のある赤い星雲ですが、いつかはクッキリと撮りたいと

思ったりしています。(いつになるやら・・・)

早いもので、オリオン座が 明け方には 南中する季節になりました。

オイラ的には 見頃撮り頃ということもあって 撮りながらも

この周辺の星の見え方で空の状態を判断することも しばしば。

光害地では、透明度も良くなってきて星空に期待できる季節でもありますから

これからが楽しみですね。

2017年10月25日 (水)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年10月18日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_20171018_iso2000_30_bl

三ツ星を撮ったのは久しぶりな気がしますね。

今の時期、晴れればすぐ見れるものなので

あえて撮ることも少なくなっています。

ただ、晴れればと言っても 最近は なかなか晴れてくれませんから

困ったものです。晴天率が悪すぎますね。

今回は、バックグラウンドスムース処理を強めにしてみました。

なので、マイルドに仕上がりましたよね。

左下隅のζ星の近くに赤い星雲が微かにですが写っています。

馬頭星雲に絡む赤い星雲ですが、いつかはクッキリと撮りたいと

夢見ています。

 

2017年10月 8日 (日)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年10月1日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2017101_iso2000_30_bl0

晴れてくれたのですが透明度は あまり良くなかったようで

元画像は、バックが明るめの灰色でした。

バックの明暗は 画像処理で ある程度調整可能なので

淡い天体でない場合は、比較的楽に補正できますね。

最近は、晴れたら この三ツ星を、双眼鏡で必ず見ます。

三ツ星と その周辺にある微光星がとても綺麗で癒されます。

最近目が悪くなったのか左側のピントが合わせにくくなっているので

調整に時間がかかりますが ピントが合ったときは

「あ~、これこれ!これでしょ!」という感じで見ています。

2017年10月 1日 (日)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年9月22日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2017922_iso2000_30_bl0

この日は、晴れてくれたので外に出たものの あまり透明度は良くなくて

ちょっと残念に思いながらも「晴れてくれるだけありがたい」と思いながら

撮影したのですが・・・

たまたま 薄雲がサッーとかかって ご覧の通りになりました。

ちょうど三ツ星がフワッとした雲に包まれている感じで幻想的です。

偶然にもデフューザ系のフィルタをしたような感じに仕上がって

これはこれで なかなかイイ画像になったかと思います。

 

2017年9月30日 (土)

ブログ開設10周年! 2017年9月30日

ブログ開始日が 2007年9月30日でしたので
今日で 11年目に入ります。
 
つまり10周年ということでしょうかね。
早いものです。
 
まさか こんなに続くとは思っていませんでしたし
(ここ数年は)ほぼ毎日更新しているなんて考えてもみませんでしたからね。
10年続けてこれたこと、自分で言うのもなんですが
おめでたいです!
オイラの周りの皆さま、ブログを拝見してくれた皆さま、のお蔭だと思っています。
お礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございました。
 
10年間の記事を振り返って
印象に残るブログ記事を10個選んでみました。
 
皆様のアクセス数などは一切関係ありません(汗)
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オイラ的 10周年・ブログ記事10選!
(①から⑩は順位を表している訳ではありません)
 
念願のビクセン・イベント参加!
 
高校時代の部活友達から始まったバスケチームメンバーの20周年記念旅行!
 
子供のお弁当製作、ハイクオリティー!
 
念願の「原村星まつり」家族参加!
 
「原村星まつり」でお世話になった、我が家にベストマッチなコテージ!
 
衝撃のジェラート!激ウマイ!
 
なんてことだ・・・雲が~!次回、北海道の金環日食に期待!
 
晴天を追い求めて京都まで行きました!
 
家族で彗星の観望会をしました!最近にしては明るい彗星!
クッキリと天の川、ペルセウス流星群が良く見えた!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ああ・・・懐かしいですね~。
画像を見ると思いだしますねぇ。
子供たちも まだ小さかったりして、「あぁ こんな時もあったなぁ・・・」
なんて思いにふけることが出来ました。
これもオイラにとっては小さな幸せだったりします。
今度、10年後は どうなっているでしょうかねぇ。
まだ続けてブログをやっているか分かりませんが
可能な限り続けてみたいと思っています。
 
10年後は子供たちも 大きくなっているので
記事の内容にかなり変化があるような気がします。
 
ブログを始めた切っ掛けは、趣味と子供たちの記録を残そうと思ったことです。
当時、長女がオイラのことを「おとーたん」と呼んでいたので
ブログのタイトルを「おとーたんの星見日記」としました。
 
今では、長女も中学生になり そんなふうには もちろん呼ばれませんから
タイトルから懐かしさを思い出させてくれる点は良いのてすが、
ここ数年 タイトルを変えるか悩んでいました。
もうしばらくは、このまま と考えています。
(もしかしたら、10年後には 変わっているかもしれません。)
さて、そろそろオイラも いつもの家事をやらないといけない時間帯にきたので
今日は このあたりで シメたいと思います。
10年間 誠にありがとうござました。
今日から、また よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

2017年9月14日 (木)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年9月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_201793_iso2000_30_bl01

この日は、天頂付近に関しては比較的透明度が良好な日でした。

もちろんオリオン座は まだまだ高度が低いので 

透明度が良好な天頂付近とは違って

透明度が悪くて光害の影響をかなり受けています。

でも、オリオン座の三ツ星に関しては、写り方には

そんなに影響ないレベルなので助かりますね。

星雲などの淡い天体だと 光害は致命的な影響があったりしますが

明るい星が多い天体などは 比較的気にならないレベルだったりします。

この三ツ星周辺には 比較的明るい微光星が多いので

望遠鏡や双眼鏡で、この辺りを観察すると

それがとても綺麗で とても好きな領域です。

特に○○星団という名前はありませんが、

沢山の星が集まったおススメなところです。

2017年8月27日 (日)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年8月25日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2017825_iso2000_30_bl0

久しぶりに自宅にてタイミングよく 星空を見ることができました。

向かいの家と家の間からオリオン座の一部が見えていたので

思わず、こちらを撮ってみました。

やはり、高度が低いので透明度は悪かったのですが

なんとか画像処理をして ここまで仕上げました。

久しぶりのオリオン座の三ツ星にテンション上がりましたね。

この三ツ星の辺りは、比較的明るい星が散らばっているので

双眼鏡などで見ていても楽しいところです。

 

2017年8月15日 (火)

「ペルセウス座 流星群」の観望 2017年8月12日

今年のペルセウス座流星群は、自宅屋上で 子供たちと見ました。
今年のペルセウス座流星群の極大時刻は 8/13 4時頃だったので
あまり月齢的に期待できないこともあって 気張らずに自宅からの観望です。
今年は、極大時刻よりも少し早めの時間に
自宅の 小さな屋上で 娘2人とオイラで マットを敷いて
寝ころびながら夜空を見上げての観望となりました。
 
自宅から見える流星を期待しつつ↓こんな星空を想像しながら・・・。
20170812p8130220
(これは、自宅からの星空ではありません!
以前、遠征したときに撮った天の川の写真です)
8:45頃から 屋上で夜空を見ていましたが、待っても待っても
流星は見えません。
5分過ぎ、10分過ぎ、・・・
そんな 待っている間は 子供たちと星座の観察をしていました。
こと座、はくちょう座、わし座、
こと座のベガ、はくちょう座のデネブ、わし座のアルタイル、で
夏の大三角形。
それから、小さな星座ですが 矢座、いるか座、こうま座、
双眼鏡を使いながら場所を説明したりと
なかなか有意義な時間を過ごせたと思います。
結局 20分を過ぎても 流星は見ることは出来なく・・・
9:10を過ぎて もう少ししたら もう部屋に戻って
寝ようか・・・なんて話していると
ケフェウス座のあたりから 天頂付近に向かって
とても明るい火球クラスの 流星🌠 が シュー っと流れて行きました。
3人とも大興奮です!!
たった一つだけですが とってもイイ流星を見ることができました。
また、こんな機会があったらイイなぁ~と思いながら
 
子供よりも早く寝てしまったオイラでした。

より以前の記事一覧

★  スポンサーリンク  ★



☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック