2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体観測(全般)」の記事

2018年12月15日 (土)

「ふたご座流星群」の観望 2018年12月15日

年に一度の お楽しみでもあります 「ふたご座流星群」を
つい先ほどまで見ていました。(12/15 5:30現在)
話は、前日の12/14からなので そこからお話いたします。
12月14日の18時頃から21時頃までは ほぼ曇り空で ちょと残念気分。
月が雲越しにかろうじて見える程度の空でしたので この日は諦め
翌日に期待して布団に入ることにしました。
そして、翌日2:10起床 すぐに空を確認しましたが雲量90%以上 絶望的です。
それからは
2:30 雲量 約80%
3:30 雲量 約60% 南側が晴れだしたので急いで準備しました。
・・・しかし外に出ようと思ったら雲量90%に・・・外に出るのを断念しました。
4:00 雲量 約90%
4:30 雲量 約100% 絶望的な空
と、今年はダメかと思いながら 引き続き空のチェックを・・・
4:50 雲量 約50% 急いで外に出ましたよ。
新アイテムのコットを使っての流星観望です。
空の見える範囲は 40~50% 程度かと思います。なにしろ住宅地ですからね。
少しづつ空の晴れ間が広がって
5:00過ぎにはほぼ快晴に近い状態になりました。
↓イメージ図です。
2018121501
5:20 頃まで 眺めていましたが
その間に見えたのは
・流星3つ(明るさは 2等級、1等級、-2等級)
です。
その中でも
しし座の北側に流れた マイナス2等級クラスの明るい流星は特に印象的でした。
これを見れたので 今年のふたご座流星群は 満足できましたよ。
ちなみに人工衛星も 3つほど見えましたよ。
今夜もまだ ふたご座流星群、見えるかと思うので
晴れたら空を眺めてみたいと思います。

2018年11月 7日 (水)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2018年10月22日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード2秒

67fl7108epl5_20181022_iso2000_40_bl

明け方の南の空にオリオン座が見えるようになってきました。

透明度の良い日も多くなって、明け方は高度が一番高いので

最適な時期となっています。

今回は、追尾が上手くいってなくて 星像が伸びていましたが

画像処理にて修正出来ました。

いつもながら 三ツ星とその周辺の微光星の輝きを楽しんでいます。

単に双眼鏡で流し見したり 望遠鏡の低倍率で流し見するのも ありですね。

透明度が良い日は 特に綺麗で楽しい場所です。

2018年10月13日 (土)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2018年10月3日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間25秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2018103_iso2000_25_bl0

明け方の南東の空にオリオン座が見えるようになってきました。

まだ 高度が低いのですが かろうじて近所の屋根の上に見えるようになりました。

いつも 三ツ星とその周辺の微光星の輝きを楽しんでいます。

単に双眼鏡で流し見したり 望遠鏡の低倍率で流し見するのも ありですね。

透明度が良い日は 特に綺麗で楽しい場所ですよ。

2018年9月11日 (火)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2018年9月1日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間20秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_201891_iso2000_20_bl01

明け方の南東の空にオリオン座が見えるようになってきました。

まだ撮影するにしては 高度が低いのですが

近所の家と家の間から見えていたので 無理矢理撮影しました。

厳密には淡い星雲もあるのですが、

光害地ですと それは なかなか難しいので

いつも 三ツ星とその周辺の微光星の輝きを楽しんでいます。

単に双眼鏡で流し見したり 望遠鏡の低倍率で流し見するのも ありです。

透明度が良い日は 特に綺麗で楽しい場所ですよ。

2018年9月 3日 (月)

「天の川」の撮影 2018年8月15日(機材:SAMYANG 7.5mmF3.5 MFT、E-PL5、ポラリエ)

富士山・太郎坊 にて、「天の川」を撮影しました。

機材は、
SAMYANG 7.5mmF3.5 MFT + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

↓ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード2秒

Samyan75epl5_2018815_iso2000_60_bl0

これですよね!これなんですよ!

「やっぱり年に一度は この天の川を見なきゃ」って思っちゃいました。

薄雲がかかっていましたが、

それでも これくらいの星空を見れるだけでも 十分に満足できました。

自宅前の空と比べると全然見える星の数が違いますからね。

天の川を直接見たのは本当に久しぶりだと思います。

「来て良かった」と心から思いましたね。

2018年8月20日 (月)

天体望遠鏡専門店「スコーピオ」に行ってきました その2 2018年8月12日

天体望遠鏡専門店「スコーピオ」の店舗奥には 外を回って別の扉から
↓「サイトロンジャパン 名古屋ショールーム」があり自由に入れます。
11
↓ショールーム内の様子 右側
12
↓ショールーム内の様子 左側
13
自分が入ったときは 誰もいませんでした。
ちょっと勝手に触れるのも悪いと思って遠慮していましたが
「DOB6 クラシック Sky Watcher」、「DOB8 クラシック Sky Watcher」、
の動きを確かめてみたかったので
左奥に展示してあったものを少しだけ触らせて頂きました。
上下の動きはスムーズでしたが左右の動きが固く感じられました。
おそらく調整は出来るのかと思うのですが・・・。
このショールーム、とても静かで綺麗で
商品に対してのスペースも適度にあります。
商品を確かめるには とても良い場所かと思いますね。
機会があれば また来たいと思います。

2018年8月19日 (日)

天体望遠鏡専門店「スコーピオ」に行ってきました その1 2018年8月12日

今年、家族旅行で名古屋に行ったのですが
2時間ほど自由時間をもらえたので、
近くの天体望遠鏡専門店「スコーピオ」に行くことにしました。
名古屋駅から あおなみ線 に乗って
二つ目の ↓「小本(こもと)」という駅 で下車します。
01
(この駅、無人っぽかったのですが・・・。)
改札口を出たら、道沿いを右に歩きます。
↓2~3分程 歩くと 右側に お店の看板が見えてきました。
02
「スコーピオScorpio」というカワイイ看板です。
↓お店に到着です。駐車場があって 3台くらい駐車できますね。
03
店長は、接客中でしたが
合間をぬって「少々お待ち下さい。」と一声かけてくれました。
(とても嬉しい一言でした)
先客が帰られた後は お客が 自分一人になったので
ここに来た経緯などをお話させて頂き
「Stella Scan 2x40 双眼鏡」を見せてもらったり
「AZ-GTiマウント Skywatcher」のお話を聞かせてもらったりしました。
店内の様子ですが ↓左側には ズラリと望遠鏡が並んでいます。
04
↓奥の方を撮ってみました。
05
↓右奥には 双眼鏡やポータブル赤道儀、アクセサリー類があります。
06
↓中央に アイピースやデジイチなどなど(新品・中古も)
07
↓女性が嬉しい天文雑貨もありましたよ。
09
↓片隅には 「ジャンクのお宝探しコーナー」もありました。
10
私が店内にいた間に お客が何人も出入りしてました。(ざっと10人以上)
東京の天文ショップに何回か行ったことがありますが
ここまでお客様で賑やかになっているお店はありませんでしたね。
お店は明るいし店長が気さくに話をしてくれる方なので地元では
人気のあるお店なのだと思いました。
また機会があったら お邪魔させていただければと思います。

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年 2018年1月1日

あけましておめでとうございます。
今年も どうぞよろしくお願いいたします。
 
昨年は、長女が中学1年生となって 少し生活スタイルに変化がありました。
結論から言いますと、さらに忙しくなってしまってます。
他にもいろいろと忙しくなる要素はありますが
今年も、家事や子供たちのフォローで 休日も忙しい日々を送ることになりそうです。
実は、昨日の夕方も 子供たちの冬休みの宿題の進捗を確認して
やらねばいけないと思うところは無理矢理進めるようガイドしたりしました。
まあそんな関係で平日は、ほとんど天体撮影&観望が出来ないし
休日の昼間は趣味の時間など ほぼ確保できない
という事態になっていますが、科学技術の発達のお蔭もありまして
隙間時間などの短い時間を活用して なんとか趣味は続けていこうと思います。
さて、今年の天体撮影&観望の予定ですが
毎年御用達の↓これに書き込んでいかねばと思ってます。
2018_2
今年の大体のおさえておくべき天文現象は、
こんな感じかと思います。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
1/31 皆既月食(楽しみです!)
5/9  木星が衝
6/27 土星が衝
7/27 火星が衝
7/28 皆既月食(明け方の月没直前に皆既)
7/31 火星が地球に最接近!
8/13 ペルセウスザ流星群(月齢的に条件が非常に良い!)
8/18 金星が東方最大離角
12/14 ふたご座流星群(上弦の月がありますね→夜半以降はgood!)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
まず、1/31の皆既月食は
子供たちにも見せたいので
なんとか天気が良くなってもらいたいものです。
さてと、これから洗濯機がそろそろ仕事を終えるので
洗濯物を干したら(かなり大量!)
外に出て星空を 少しだけ見てきたいと思います。

2017年12月14日 (木)

「ふたご座流星群」の観望 2017年12月14日

毎年楽しみにしているふたご座流星群ですが、 
今年の流れ星が最も多く流れるとされる極大時刻は、
12月14日 午前3時ごろと予想されているようです。
今日、まさに その日です。
実は、いま空を12分程眺めてきましまた。
↓イメージです。
20171214
予想極大時刻よりも大分前ですが、
結論から言いますと、「流れました!」
暗い流星が多かったですが 結構な数が見れましたよ。
12分間で 9個カウントしましたから。
住宅地で視野が狭いこと、光害地ということ、などを考慮にいれると
結構な数が流れていたものと思われます。
単純に 1時間当たりの数を計算すると
1時間あたり 45個 流れることになります。
つまり HR45 ということですね。
ただ、今回の9個の明るさですが
1等級 ・・・ 1個
2~3等級 ・・・ 8個
という感じでした。
明日、晴れてくれれば また見たいと思います。
 

2017年10月31日 (火)

「オリオン座三ツ星」の撮影 2017年10月26日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「オリオン座三ツ星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_20171026_iso2000_30_bl

この季節、晴れれば必ずみる 三ツ星です。

左下隅のζ星の近くに赤い星雲が微かにですが写っています。

馬頭星雲のある赤い星雲ですが、いつかはクッキリと撮りたいと

思ったりしています。(いつになるやら・・・)

早いもので、オリオン座が 明け方には 南中する季節になりました。

オイラ的には 見頃撮り頃ということもあって 撮りながらも

この周辺の星の見え方で空の状態を判断することも しばしば。

光害地では、透明度も良くなってきて星空に期待できる季節でもありますから

これからが楽しみですね。

より以前の記事一覧

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 天文手帳 2019
  • 天体観測手帳2019
  • 星空手帖2019
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック