2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体望遠鏡のアイピース」の記事

2017年9月30日 (土)

ブログ開設10周年! 2017年9月30日

ブログ開始日が 2007年9月30日でしたので
今日で 11年目に入ります。
 
つまり10周年ということでしょうかね。
早いものです。
 
まさか こんなに続くとは思っていませんでしたし
(ここ数年は)ほぼ毎日更新しているなんて考えてもみませんでしたからね。
10年続けてこれたこと、自分で言うのもなんですが
おめでたいです!
オイラの周りの皆さま、ブログを拝見してくれた皆さま、のお蔭だと思っています。
お礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございました。
 
10年間の記事を振り返って
印象に残るブログ記事を10個選んでみました。
 
皆様のアクセス数などは一切関係ありません(汗)
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オイラ的 10周年・ブログ記事10選!
(①から⑩は順位を表している訳ではありません)
 
念願のビクセン・イベント参加!
 
高校時代の部活友達から始まったバスケチームメンバーの20周年記念旅行!
 
子供のお弁当製作、ハイクオリティー!
 
念願の「原村星まつり」家族参加!
 
「原村星まつり」でお世話になった、我が家にベストマッチなコテージ!
 
衝撃のジェラート!激ウマイ!
 
なんてことだ・・・雲が~!次回、北海道の金環日食に期待!
 
晴天を追い求めて京都まで行きました!
 
家族で彗星の観望会をしました!最近にしては明るい彗星!
クッキリと天の川、ペルセウス流星群が良く見えた!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ああ・・・懐かしいですね~。
画像を見ると思いだしますねぇ。
子供たちも まだ小さかったりして、「あぁ こんな時もあったなぁ・・・」
なんて思いにふけることが出来ました。
これもオイラにとっては小さな幸せだったりします。
今度、10年後は どうなっているでしょうかねぇ。
まだ続けてブログをやっているか分かりませんが
可能な限り続けてみたいと思っています。
 
10年後は子供たちも 大きくなっているので
記事の内容にかなり変化があるような気がします。
 
ブログを始めた切っ掛けは、趣味と子供たちの記録を残そうと思ったことです。
当時、長女がオイラのことを「おとーたん」と呼んでいたので
ブログのタイトルを「おとーたんの星見日記」としました。
 
今では、長女も中学生になり そんなふうには もちろん呼ばれませんから
タイトルから懐かしさを思い出させてくれる点は良いのてすが、
ここ数年 タイトルを変えるか悩んでいました。
もうしばらくは、このまま と考えています。
(もしかしたら、10年後には 変わっているかもしれません。)
さて、そろそろオイラも いつもの家事をやらないといけない時間帯にきたので
今日は このあたりで シメたいと思います。
10年間 誠にありがとうござました。
今日から、また よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

2016年3月29日 (火)

ビクセン アイピースHR1.6mm

ビクセン 新型アイピース HRシリーズ

「HR2.0mm」に引き続き まさかの購入です。

最近、ミニボーグ67FLをメインに使っていて

ビクセンの「HR2.0mm」を使用して十分に普段使いできるアイピースと思ったので

もうワンランク上の倍率の可能性を知りたくなって

ビクセンの「HR1.6mm」をポチッてしまいました。

↓翌日到着し、早速開封しました。

Vixen_hr16mm01


Vixen_hr16mm02


Vixen_hr16mm03

HR2.0mmと 同じ外観ですね。

とてもシックでシンプルなデザインだと思います。

覗き具合も良好です。

やはり焦点距離1.6mmでアイレリーフ10というのは、イイですね。

ミニボーグ67FL(焦点距離300mm)との組み合わせだと

300÷1.6= 188倍です。

コ・ボーグ36ED(焦点距離200mm)との組み合わせだと

200÷1.6= 125倍です。

さて、これから惑星シーズンに向けて 楽しみが増えました。

このアイピースの本来の性能を発揮する機会は そう多くはないかもしれませんが

月ならば、おそらく普段使いとして十分耐えうる倍率かと思っています。

久しぶりに月の観望も楽しみになってきました。

2016年3月12日 (土)

ビクセン アイピースHR2.0mm

ビクセン 新型アイピース HRシリーズ「HR2.0mm」、

発売日にポチッてしまいました。

↓早くも到着し、早速開封しました。

Vixen_hr2

元箱は、意外にあっさり気味。箱にはあまりコストをかけていないようです。

↓開けると、HRシリーズの取説があります。

Vixen_hr202

↓取説の下にアイピースがケースごと入っていました。

Vixen_hr203

う~ん、渋いですね~。派手さはありませんが、シンプルで良いですね。

Vixen_hr204

↓シリアルナンバーらしき番号、JAPAN、という刻印があります。

Vixen_hr205

国産ということでしょうかね。あと、ラベルとかではなく彫られています。

このへんは、安価な商品とは違って高級感がありますね。

見口は、ごく普通です。見掛視界は、42°アイレリーフは、10mm、

Vixen_hr206

眼鏡を使ってないオイラにとって、除きやすさは上々です。

↓対物側は、絞り環がフィルターネジを使って組み立てられています。

Vixen_hr207

ミニボーグ67FL + HR2.0 → 150倍

ミニボーグ50FL + HR2.0 → 200倍

コ・ボーグ36ED + HR2.0 → 100倍

となります。(一般常識では、どれも過剰倍率のような感じですが・・・)

この 高性能と評判高い ボーグ(BORG)の対物レンズと

ビクセンの新型アイピース HRシリーズ でどんな見え具合になるか

早く確認したいですね。

とても楽しみです!

2016年2月 6日 (土)

観望用のアイピースたち 2016年1月11日

アイピースを使って観望する機会を増やしたいと思って

昨年の年末にアイピースを使いやすいように整頓しようかと考えていましたが

結局は年末年始に出来ずじまいで・・・成人の日に少しだけやりました。

まずは何があるのか把握するということでしょうかね。

↓とりあえず 出してみました。 結構な数ですが・・・。

20160111

長年使っていると、意外とあちこちに散らばるもので

保管場所が散在していましたが、この機会にある程度まとまった場所に保管

出来たらと考えてました。

出したアイピースを、

これは1軍、これは2軍・・・とか判別してたら、

あっという間に時間が過ぎてしまって・・・朝になってました。

さて、一つ一つ手に取って使用頻度を考えてみたのですが

重くて大きいアイピースは、気合いが入ってないと 意外と使わないものです。

軽くて小さいアイピースは、使用頻度が高くなります。

光害地だと どうしても星雲・星団よりも月や惑星の観望割合が高くなりますね。

それに付け加えて、オイラの好きな二重星などを観望することを考えると

さらに高倍率が必要な機会が増えます。

ここ数年は、単焦点の対物レンズの使用頻度が高いので

高倍率を得るためには、どうしても短焦点のアイピースが必要になります。

対物レンズをどれにするかによって変わりますが

惑星観望のときは、ナグラーズーム3-6mmの使用頻度が非常に高いですね。

見掛視界は50°とそれほど広くはないのですが軽量コンパクトで

ズームで素早く倍率が変えられるのは非常に快適です。

視野を広くしたい場合は、ナグラーT6-3.5mm、ナグラーT6-5mm、

などの出番となります。

星雲・星団や天の川付近を見るときは、ここぞというときにしか出しませんが

イーソス8mm、イーソス13mm、あたりが出番となります。

イーソスの見掛視界100°はいつ見ても素晴らしいものです。

ペルセウス座二重星団などは見掛視界100°で見ると

言葉では言い表せないくらい素晴らしい光景が目の前に広がります。

この日は、アイピースの保管場所をある程度絞って

ブロアーでホコリを吹き払ってから保管して終了しました。

ちょっと このての作業は、子供が活動している昼間には出来ませんので

またの機会にと思っています。

2015年4月 9日 (木)

テレビュー アイピース・デロス 6mm

テレビュー(tele vue)の新型アイピース・デロス が仲間入りしました。

6mm01

↓スライド式アイガードを延ばした状態

6mm02

↓アイレンズが大きいですね。

6mm03

このアイレンズが大きいことと スライド式アイガードの効果は

絶大だと思います。

アイレンズが大きいことがアイレリーフの長さに繋がってきますし

アイガードは、コントラストを高めて目の位置を固定して見やすくします。

以前からこのアイピースは気にはなっていましたが、

高価でなかなか手がでませんでした。

見掛視界だけで考えると

テレビュー・パンオプティック(68度)やPENTAX・XW(70度)と

ほぼ見掛視界が同じだったので わざわざ高いお金を払って

購入するほどの物なのかが疑問でした。

しかしよく考えると、

パンオプティックにはない短い焦点距離のアイピースが存在することと

アイレリーフが20mmと長いこと、スライド式アイガードがあること、

など利点はありそうなので 実際に覗いてみたい気持ちが強かったのです。

PENTAX・XWと比較すると、見掛視界はあまり変わらないですし

アイレリーフも同じ20mm、と同じです。

ただ、アイガードが回転式で以前現物を見た時は意外にも回転が渋かったので

スピーディーな位置変更は出来ない仕様でした。

新品価格的にはPENTAX・XWの方が安いので

XWが一般的には優勢ではないかと思います。

その他違う点は、形や重さやですかね。

この辺りは好みがあるので なんとも言えないですね。

オイラは、慣れているのか形はXWよりもデロスの方が好きです。

ただ・・・やはり、大きいですね(汗)

しばらく、使ってみて様子をみてみます。

2014年9月19日 (金)

ビクセン アイピースSLV4mm

ビクセンのアイピースが仲間入りしました。

↓こちら、SLVシリーズの4mmです。

Slv4mm01

子供に天体観望を楽しんでもらうことを目的に購入してみました。

子供達に天体望遠鏡を覗かせるときに気を使うのが

やはりアイレリーフとアイポイントです。

★アイレリーフは短いと覗きにくくなること

★アイポイントが寛容でないと覗きにくくなること

これは、子供に望遠鏡で観望させるときに

気をつけねばいけないことと認識しています。

いくらインパクトのある天体を導入しても

アイピースの選定によっては、子供が覗いても見えない可能性があります。

このアイピースは、アイレリーフが20mmと長いので ○です。

↓このように見口部分がポップアップ(ツイストアップ)式となっています。

Slv4mm02

見口の高さが簡単に変更できるのでとても便利だと思います。

↓上からみると こんな感じ。

Slv4mm03

↓実際に覗いてみると

Slv4mm04

比較的視野環がハッキリとしていて気分は良いです。

しかし視野周辺がなんとなくうす暗くなっているので

減光しそうな雰囲気ですね。

でも、実際の観望では 気になるような減光は感じられませんでした。

まとめると、

アイレリーフが長くてアイポイントも寛容なので覗きやすくて、とても良いです。

実際の星像では、視野周辺までシャープな像を結んでくれました。

周辺像も気になるような収差は感じられませんでした。

唯一、見掛視界が50度なので 今の時代では広いとは言えません。

見掛視界は少々残念ではありますが価格的に贅沢は言えませんので

コストパフォーマンスとしては十分だと思います。

なかなか良いアイピースだと思われますよ。

子供達も このアイピースなら たぶん観望を楽しめると思います。


2012年1月22日 (日)

「BORG マイクロフォーカス接眼部 LMF【9868】」でのピント位置

今日は、「BORG100ED鏡筒」に「BORG マイクロフォーカス接眼部 LMF【9868】」を装着した場合のピント位置を恒星を導入して調べてみました。

★最近使用頻度の高い4本のアイピース(2インチスリーブ対応)、でのテストです。

対物レンズは「BORG100ED」、天頂ミラーは「テレビュー製 エバーブライトダイアゴナル」を使用しました。

①テレビュー製 ethos 8mm 見掛視界100° 80倍

2012122et8bl

↓接眼部のピント位置は、「5.2センチ」となります。

2012122et8bl_2 

4本のアイピースの中では一番繰り出し距離が長いです。

②テレビュー製 ethos 13mm 見掛視界100° 49倍

2012122et13bl

↓接眼部のピント位置は、「4.0センチ」となります。

2012122et13bl_2

ethos 8mm と 1センチ以上も繰り出し距離が違うのには驚きました。

③テレビュー製 panoptic 35mm 見掛視界68° 18倍

2012122po35bl

↓接眼部のピント位置は、「3.3センチ」となります。

2012122po35bl_2

ethos 8mm と 約2センチも繰り出し距離が違うんですね。

④Explore Scientific製 100°シリーズ 20mm 見掛視界100° 32倍

2012122se20bl

↓接眼部のピント位置は、「2.4センチ」となります。

2012122se20bl_2

4本のアイピースの中では一番繰り出し距離が短いです。

★まとめ

この4本のような多種多様な繰り出し距離を全てクリア出来て、

しかも これらの2インチのヘビーなアイピースを装着しても軽快かつスムーズに

ピント合わせが出来る接眼部は、これしかないでしょうね。

もちろん、BORG100ED対物レンズとアイピースの相性が良いというのも

条件ではありますが、ピント合わせが楽しくなってしまう程です。

この接眼部、かなりお勧めです。

2012年1月 4日 (水)

「Hα太陽望遠鏡 P.S.T.」に一番良いアイピース

今日は、

「Hα太陽望遠鏡 P.S.T.」

に一番相性の良いアイピースがどれかを検討するために、

手持ちのアイピースをいろいろと付替えてみました。

もちろん、5月21日の金環日食を考慮に入れてのことです。

写真は、PSTにセレストロンのズームアイピース8-24を取り付けて

CASIO EXILIMでコリメート撮影したもの↓です。

Pstexilimbl

以下①~⑦、使用したアイピースと簡単なコメントです。

①ビクセンLV9

倍率が高いので自動追尾でないと視野に留まる時間が短い。シーイングに左右されやすい。

②笠井トレーディング デジカメアイピースWA-18

ニコン・クールピクス4500で撮影する時には便利。適切な倍率。少々見づらい。

③テレビュー パンオプティック19

適切な倍率。見やすさ良好。

④テレビュー パンオプティック22

適切な倍率。見やすさ良好。

⑤テレビュー パンオプティック24

適切な倍率。見やすさ良好。

⑥PENTAX XL28

少し倍率が低い。見やすさは一番良い。

⑦セレストロン ズームアイピース8-24

倍率が可変なので便利。見やすさ良好。CASIO EXILIMでなんとかコリメート撮影可能。

ということで、⑦のズームアイピースが一番良さそうな感じです。

今のところ5/21の金環日食には、これを使うのが良さそうですね。

2011年5月 1日 (日)

Explopre Scientific 100°20mm

つい先日、個人輸入で新しく入手したアイピースです
アメリカの「Explopre Scientific 100°シリーズ 20mm」です
ウワサで、「Televue Ethos 21」との性能に差がないほど優秀なアイピースだという情報があり、購入してみました
昨夜、久々に遠征に行く機会があったので早速使ってみました
鏡筒は、口径150mm、焦点距離750mm、のシュワルツ150Sで見ました。視野95%くらいから多少の星像の崩れはあったように思いましたが見掛視界100°としてはストレスを感じることは全くありませんでした
M44を見ましたが、38倍にもかかわらず見掛視界100°の効果により、散開星団の全体を余裕で見渡すことが出来ました
M13を見ると沢山の微光星の中に球状星団が浮かんでいる姿がとても印象的でした
テレビューのethos21mmとほぼ同様のスペックだと思いますが価格を考慮すると防水仕様ということもあり素晴らしくコストパフォーマンスの良いアイピースだと思います
購入して、とても満足してます友達にも勧めたい商品ですね

2009年10月 4日 (日)

Ethos13mm、到着!

Ethos13mm、到着!
Ethos13mm、到着!
Ethos13mm、到着!
Ethos13mm、到着!
Ethos13mm、到着!
ついに、見掛視界100度のテレビューEthos13mmが我が家にも到着しました!昨夜、満月でしたが早速雲の隙間から見えたオリオン座の三ツ星やプレアデス星団をミニボーグ60との組み合わせで楽しみました。見掛視界100度の威力は絶大で、まるで望遠鏡を使わずに肉眼で見ているかのような錯覚におちいりました。恐ろしいことにEthosを使ったあとでナグラーを使ってみたら狭く感じてしまいました。どうやら広角病が悪化したようです(汗)。

★  スポンサーリンク  ★



☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ レンズキット ホワイト
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 9mm f8 フィッシュアイ ボディキャップレンズ ホワイト BCL-0980 WHT
  • OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-PL7, E-PL8用 本革ボディージャケット ホワイト CS-45B WHT
  • OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用 自動開閉式レンズキャップ シルバー LC-37C SLV
  • OLYMPUS パンケーキレンズ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 シルバー
  • OLYMPUS 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R シルバー
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック