2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体観測(日食・月食・惑星食)」の記事

2018年2月 4日 (日)

「皆既月食」の撮影 その4 2018年1月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

皆既月食1/31 の当日帰宅後のスケジュールを振り返ってみました。
 
18:45職場から帰宅(帰宅中に空が晴れてきたのを確認!)
18:50夕飯の支度
19:05夕飯
19:15食器洗い
19:25入浴
19:45食器洗い
20:00洗濯物(アイロンがけ、たたむ、収納)
20:20寝室準備(布団を敷く等)
20:25娘の宿題フォロー
20:35歯磨き
20:40皆既月食の撮影&観望 開始!
 
この 20:40 までの流れは いつものことですが
早く済まさないといけなかったので忙しかったです!
 
しかし、晴れてくれて それまでの疲れなんて
スッ飛んでしまいましたね。
ようやく撮影&観望にこぎつけた時は、ホッとしました。
「よし、間に合ったぞ!」という感じです。
 
少し欠け始めてから、↓撮影風景を撮ってみました。
01_img_1673
レンズは、ミニボーグ67FLです。
フラットナー[7108]も装着済みなので、写野全面において安心して撮れます。
もちろん、ポラリエに乗せているので自動で追尾してくれてます。
 
娘は、肉眼と双眼鏡と望遠鏡(コ・ボーグ36ED)で
月食を見比べながら↓楽しんでました。
01_img_1676
普段、娘が寝る時間は 21:30前後なのですが
この日は、少し夜更かしですね。
まぁ、翌朝は なかなか起きれなかったかもしれませんが
皆既月食を見れたのは イイ経験になったかと思います。
 
アイピースには 9mm を使ったので 22倍 となり
皆既月食を観望するにはちょうど良かったかと思います。
 
また、ポラリエに乗せていたので 自動追尾もされて
常時 視野中心に 月が見えていました。
なので いつでも 覗けば見える という楽チン スタイルで
家族全員 楽しむことが出来ました。
お気づきになったかと思いますが・・・
そう、ポラリエ 同時2台稼働です!これは重宝しますね。

2018年2月 3日 (土)

「皆既月食」の撮影 その3 2018年1月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「皆既月食」を撮影しました。 

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

 ↓21:43、感度ISO1600、露出時間1/8秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2143_2018131_iso1600_8

↓21:46、感度ISO1600、露出時間1/5秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2146_2018131_iso1600_5

皆既開始前のターコイズフリンジです。

ターコイズフリンジとは、単刀直入に言うと「青色の光」のことです。

2007年5月4日にドイツでの皆既月食時の青色の光について、

2008年2月13日にNASAがコメントしたのが始まり、らしいです。
太陽光が地球大気オゾン層を通過した時に赤色が吸収されることで
青色が残り、

地球の濃い影である本影の縁に沿って見える現象、だそうです。

皆既月食と一言でいっても いろいろと面白い現象があるものですね。

 

2018年2月 2日 (金)

「皆既月食」の撮影 その2 2018年1月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「皆既月食」を撮影しました。 

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

 ↓20:45、感度ISO400、露出時間1/1250秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2045_2018131_iso400_12

↓21:00、感度ISO400、露出時間1/1000秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2100_2018131_iso400_10

↓21:10、感度ISO400、露出時間1/640秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2110_2018131_iso400_64

↓21:21、感度ISO400、露出時間1/500秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2121_2018131_iso400_50

↓21:35、感度ISO400、露出時間1/400秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2135_2018131_iso800_40

↓21:50、感度ISO1600、露出時間1/6秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_2150_2018131_iso1600_6

皆既突入までを並べてみました。いいですねぇ。

これだけ撮れれば満足です。

欠け始める予想時刻は20:48でしたが

20:45の画像で すでに欠けているイメージかと思いますので

少々早めだったのかと思います。

いや~、皆既中の この なんとも言えない独特な色の月、いいですねぇ。

肉眼でみていても双眼鏡でみていても、いいものです。

まるで夜空に 誰かが月の絵を貼ったかのような 不思議な光景でしたね。

 

2018年2月 1日 (木)

「皆既月食」の撮影 その1 2018年1月31日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「皆既月食」を撮影しました。 

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

 ↓リサイズ、トリミング、感度ISO1600、露出時間1/4秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5__2018131_iso1600_41_bl

撮れました!めちゃめちゃ嬉しいです!

一時は 天気がヤバそうでしたが、奇跡的に晴れてくれました。

晴れといっても若干の薄雲梨状態ではありましたが 贅沢はいけません。

曇って見えないよりも何百倍もマシですからね。

この天気で十分と思えました。

ちょっと 記事作成時間が あまり確保できないので

とりあえずの一枚です。

オイラにしては かなり撮りました。

休日にでも 撮影した画像を選別して公開できたらと思います。

ちなみに今回の機材は、上記の通り ミニボーグ67FLです。

やはり、選んだ理由の一番として明るいからですね。

皆既中の暗い月を撮るのには有利かと思って選定しました。

ああ、もう家事をやらねば…。今日は本当に時間がないですから。

今週末目標で 追加画像をアップ(別記事にて)したいと思います。

2018年1月31日 (水)

本日1/31、皆既月食です!

待ちに待った この日がやってきました。
皆既月食が 晴れてくれれば、日本全国で見られます。
見れる時間帯ですが、
20:48 月食始まり
21:51 皆既食始まり
22:29 皆既食・最大
23:08 皆既食終わり
24:11 月食終わり
 
とのことなので、見たい方は
早めに夕食などは終わらせた方かよろしいでしょう。
↓2011年12月10日の時の皆既月食の画像です。
201112102323bl
晴れれば、皆既月食中は こんな感じですかね。
「晴れれば」です。というのも、かなり今日の天気は微妙な感じですよね。
 
いつも見ている天気サイトでは↓ちょっと期待薄な感じです。
20180131
これは、1/31 3:00頃の情報なので最新ではありません。
なぜか22時台に晴れマークがありますが・・・
先ほど、情報を更新したら、変わってました(悲)
↓晴れマーク、無くなりました。
201801312
まぁ、不安定というか 基本的には曇りと認識しておいた方がよさそうですね。
曇りといっても いろいろとタイプがあるので
諦めずに 皆既月食の観望&撮影 頑張りたいです。

2017年9月30日 (土)

ブログ開設10周年! 2017年9月30日

ブログ開始日が 2007年9月30日でしたので
今日で 11年目に入ります。
 
つまり10周年ということでしょうかね。
早いものです。
 
まさか こんなに続くとは思っていませんでしたし
(ここ数年は)ほぼ毎日更新しているなんて考えてもみませんでしたからね。
10年続けてこれたこと、自分で言うのもなんですが
おめでたいです!
オイラの周りの皆さま、ブログを拝見してくれた皆さま、のお蔭だと思っています。
お礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございました。
 
10年間の記事を振り返って
印象に残るブログ記事を10個選んでみました。
 
皆様のアクセス数などは一切関係ありません(汗)
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オイラ的 10周年・ブログ記事10選!
(①から⑩は順位を表している訳ではありません)
 
念願のビクセン・イベント参加!
 
高校時代の部活友達から始まったバスケチームメンバーの20周年記念旅行!
 
子供のお弁当製作、ハイクオリティー!
 
念願の「原村星まつり」家族参加!
 
「原村星まつり」でお世話になった、我が家にベストマッチなコテージ!
 
衝撃のジェラート!激ウマイ!
 
なんてことだ・・・雲が~!次回、北海道の金環日食に期待!
 
晴天を追い求めて京都まで行きました!
 
家族で彗星の観望会をしました!最近にしては明るい彗星!
クッキリと天の川、ペルセウス流星群が良く見えた!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ああ・・・懐かしいですね~。
画像を見ると思いだしますねぇ。
子供たちも まだ小さかったりして、「あぁ こんな時もあったなぁ・・・」
なんて思いにふけることが出来ました。
これもオイラにとっては小さな幸せだったりします。
今度、10年後は どうなっているでしょうかねぇ。
まだ続けてブログをやっているか分かりませんが
可能な限り続けてみたいと思っています。
 
10年後は子供たちも 大きくなっているので
記事の内容にかなり変化があるような気がします。
 
ブログを始めた切っ掛けは、趣味と子供たちの記録を残そうと思ったことです。
当時、長女がオイラのことを「おとーたん」と呼んでいたので
ブログのタイトルを「おとーたんの星見日記」としました。
 
今では、長女も中学生になり そんなふうには もちろん呼ばれませんから
タイトルから懐かしさを思い出させてくれる点は良いのてすが、
ここ数年 タイトルを変えるか悩んでいました。
もうしばらくは、このまま と考えています。
(もしかしたら、10年後には 変わっているかもしれません。)
さて、そろそろオイラも いつもの家事をやらないといけない時間帯にきたので
今日は このあたりで シメたいと思います。
10年間 誠にありがとうござました。
今日から、また よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

2014年10月 9日 (木)

2014年10月8日の皆既月食(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)、

自宅ベランダにて、皆既月食を撮影しようとしましたが・・・。

曇ってしまったため、ゲット出来た画像はこの一枚のみです。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO800、露出時間1/160秒、低振動モード4秒

67fl7108epl32014108_iso800_1601bl01

18:54頃の写真です。不自然に欠けている姿がなんとか写せました。

いろいろと準備はしましたが・・・曇ってしまって・・・

やはり、天気には勝てませんね。

この日は、早めに帰宅し夕飯の準備をして

それから子供達を迎えに行きました。

保育園・学童 と行き、帰宅後

お皿に盛りつけてある おかずを電子レンジで温めている間に

窓から空を眺めましたが 空の90%以上が雲で覆われていました。

夕食を早々に食べ終わり、2階のベランダから しばらく空を眺めましたが

どこに月があるかも分からない状況(汗)

一度 キッチンに戻って 食器類を洗って、再度2階のベランダへ・・・。

しばらく眺めていると東の空から月の光が微かに見えていたので

慌てて、望遠鏡を向けて・・・

しばらくするとわずか10~20秒ほどですが雲の隙間から

明るく輝く姿が見えました。

その時に撮ったのが、この一枚です。

ピントは前回撮影したときのままで、露出はヤマカンです。

3枚程撮ったのですが、これが一番良く写ってました。

朝の天気予報では、晴れそうでしたが

結果は曇り。家族で見れることを期待したのですが

一人でやっとのこと一部を見れただけ。家族を呼ぶチャンスが

ありませんでした。残念でしたが、来年も皆既月食があるようなので

そのときに また楽しもうと思います。

2014年9月29日 (月)

2014年9月28日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL3、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL3 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/2500秒、低振動モード4秒

67fl7108epl32014928_iso400_25001bl0

昼間の月です。

本当は、土星食を どうにか撮りたいと思っていましたが、

家族の日曜日恒例の買い物から帰宅したのが13:15頃で

すでに土星出現直前だったかと思います。

すぐに昼食の準備をして他の家族は先に食べてもらって

すぐにベランダに行きました。

機材を出したのが13:30頃です。

まず、どこに月があるのかが 肉眼では無理でした。

仕方ないので双眼鏡を出して探すことに…。

しばらくすると南の思ったより低い高度にありました。

早速望遠鏡を向けましたが、月にとりあえず露出を合わせることに・・・

でも土星らしき姿は まったく写らず・・・。

しかも眼視でも位置確認すら出来ず・・・。

昼間の土星を探すのにこんなに苦労するとは思いませんでした。

低倍率のアイピースを使っても結局 土星は見ることができませんでした。

昼間の月も、ここまで細いと難しいですね。

いちおう、画像の中に土星が入っているはずなのですが月しか写ってません。

たぶん露出不足で写ってません。しかしこれ以上露出時間を延ばすと

空が真っ白になります。

今回の昼間の土星は、なかり難易度高いですね。

いやいや良い経験でしたよ。

2013年12月13日 (金)

2013年12月11日の木星(機材:ミニボーグ60ED、35mm REDUCER DX 0.8×、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、木星を撮影しました。

機材は、ミニボーグ60ED+35mm REDUCER DX 0.8×+オリンパスE-PL3 +ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用) 

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間1/8秒、低振動モード2秒

60edre08epl320131211_iso2000_81bl01

これ、このガリレオ衛星の配置は面白いですね。

今回の構図が良いのでしょうかね。

上の方から

エウロパ

カリスト

ガニメデ

イオ

木星

と並んでいます。

4つのガリレオ衛星があまり広がって配置していないのが

珍しいと思います。

左端にあるのは、ふたご座のδ星です。これがなかなかのアクセントに

なっているような気がします。

2013年9月 1日 (日)

2013年8月29日の月(機材:コ・ボーグ36ED、1.4×テレコンバーターDG、E-PL3、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、コ・ボーグ36ED+1.4×テレコンバーターDG+オリンパスE-PL3+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/200秒、低振動モード2秒

36edt14epl32013829_iso400_2001bl01

なかなかシャープに撮れたと思います。

欠け際・南の方のクレーター群がカッコイイ~と思ってしまいました。

このシャープなクレーター群が拝めて満足してしまったオイラです。

ここ数日は、秋っぽい空に変わってきました。

夏のどんより空に比べたら条件が良くなってきたので

これからが楽しみです。

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック