2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体観測(太陽・月・惑星)」の記事

2019年11月18日 (月)

★ 重要なお知らせ ★ 2019年11月18日

皆様、おはようございます。

いつもながら超早起きのオイラです。

昨日で、ここ(ココログ)でのブログ活動を事実上・休止といたしました。

今までご覧になられた方々には本当に感謝いたします。

ここでは2007年9月30日から始めましたので

約12年間もの間、ここで過ごさせていただきました。誠にありがとうございました。

(★10周年の記事に興味のある方は、こちら)

ココログの関係者、今までご覧になられた方々、

他にもブログ活動に関してサポートして頂いた方々には、本当に感謝しています。

ここでの活動経験を 今後の人生に役立てていけたらと思っています。

 

尚、明日11/19より 別の場所にて ブログ活動を再開する予定です。

(本日は、ご挨拶の記事があります)

もし興味のある方は、下のリンクにてご覧いただけますよう

よろしくお願いいたします。

リンク先は こちらをクリック

2019年11月17日 (日)

2019年11月5日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/320秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019115_iso400_3201_bl01

月齢8.2 です。

この月齢では、ちょうど欠け際に「アペニン山脈」がきていて見やすくなっていますね。

欠け際の南の方にはクレーターが沢山見えますが

その中で 月面X が まだ見えかけている所があります。

「月面X、これだよね~」感じです。

画質的には ちょっとシャープ感が今一つ、ていうところでしょうか。

★★★★★★★★★★★★★★★★

   重要なお知らせ 

★★★★★★★★★★★★★★★★

本日11/17をもちまして、

こちら(ココログ)を利用してのブログ活動を休止いたします。

明日11/18からは、

別の場所(お引越し先)にてブログを立ち上げる予定です。

明日11/18の早朝に リンクを貼りますので

興味のある方は、そこから どうぞご覧ください。

 

2019年11月 4日 (月)

2019年10月26日の月(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、月を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )

↓リサイズ・トリミング、感度ISO1600、露出時間1/320秒、低振動モード2秒

67fl7108epl5_20191026_iso1600_3201_bl01

久しぶりの月画像ですね。月齢27.1です。

明け方5時頃に ようやく見えてきた月を なんとか捕らえました。

このくらい細い月とご対面出来ると 何か特別な感じがして得した気分になれます。

限られた日の限られた時間にしか見ることが出来ないからなのでしょうか・・・。

細い月は、ピント合わせが難しいのですが ピントは比較的良好かと思います。

高度が低いのもあってシーイングがイマイチでしたから

シャープ感がイマイチなのはご勘弁願います。

2019年10月26日 (土)

2019年10月9日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、土星を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO2000、露出1/250秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019109_iso2000_2501_bl01

土星です。視直径16.5秒です。

この機材としては、まずまずの画像でしょうか。

本日10/26 18:00頃の空↓です。

20191026180001 

土星は、この日時(10/26 18時00分頃)では 南南西の空で

西に傾きつつあって 高度も低くなりつつあります。

もうそろそろ見納めの時期が近づいているようです。

視直径も 16.1秒 と、少しづつ遠ざかっています。

しかし、望遠鏡があれば口径が小さくても まだまだ環は見ることができます。

口径50mmという小さいこの機材でもアイピースを通して見れば

確実に環は見れますから 魅力的な天体ですよね。

 

2019年10月25日 (金)

2019年10月9日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/400秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019109_iso400_4001_bl01

月齢10.6 です。

この月齢では、ちょうど欠け際に「虹の入江」がきていて見やすくなっていますね。

欠け際から少し離れていますが、「コペルニクス」や「ティコ」も

良く見えます。

月の歳差運動によって 西側の端が普段よりも よく見えています。

「危機の海」の西側に、いつもの月では 見えなかった

海のような濃い灰色の部分が見えますね。

画質的には まずまずのシャープ感、ていうところでしょうか。

2019年9月30日 (月)

2019年9月6日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、木星・ガリレオ衛星 を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/10秒、低振動モード2秒

50flepl5__201996_iso400_101_bl01

↓シュミレーション画像です。

201996190001

ガリレオ衛星の並びですが、左側から

カリスト

イオ

(木星本体)

エウロパ

ガニメデ

と並んでます。

木星は、見掛けの視直径が9/30現在で35.8″です。

薄明終了する頃には 南西の空で高度が20°程度と低くなっていますので

見れるときに見たいものです。

今シーズンは、そろそろ見納めでしょうかね。

2019年9月29日 (日)

2019年9月6日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、土星を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO800、露出1/125秒、低振動モード2秒

50flepl5__201996_iso800_1251_bl01

土星です。視直径17.4秒です。

この機材としては、まずまずの画像でしょうか。

本日9/29 18:30頃の空↓です。

201995200001

土星は、この日時(9/29 18時30分頃)では ほぼ南中していて

とても見やすいです。

少しづつ遠ざかっていますが、

望遠鏡があれば口径が小さくても環は見ることができます。

口径50mmという小さいこの機材でもアイピースを通して見れば

確実に環は見れますから 魅力的な天体ですよね。

土星の環には カッシニーの隙間という空間があって それもまた魅力的です。

小口径の望遠鏡を使ってカッシニーの隙間を写真を撮ることは難しいのですが、

カッシニーの隙間を見るのは シーイングさえ良ければ

小口径の望遠鏡でも可能です。

2019年9月24日 (火)

2019年9月6日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/500秒、低振動モード2秒

50flepl5__201996_iso400_5001_bl01

月齢7.0 です。

この月齢では、欠け際に「月面X」は まだ見えていませんね。

まだ 当分先の時間帯のようでした。

月の歳差運動によって 西側の端が普段よりも よく見えています。

「危機の海」の西側に、いつもの月では 見えなかった

海のような濃い灰色の部分が見えますね。

欠け際の少し北側に隣接する「晴れの海」と

すぐ南西にある「静かの海」は良く目立つところですが

「静かの海」は 人類が初めてアポロ11号が月に着陸した場所です。

「ここなんだなぁ・・・」と思うと いつもとは違う月を見てるように感じますね。

画質的には まずまずのシャープ感、ていうところですかね。

2019年9月14日 (土)

「中秋の名月」の撮影 2019年9月13日(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、「中秋の名月」を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓リサイズ・トリミング、感度ISO200、露出1/500秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019913_iso200_5001_bl02

↓等倍です

50flepl5__2019913_iso200_5001_bl01

晴れてくれたので 撮れました!

昼間は ず~と曇っていて 比較的厚い雲でしたから

夜の天気が とても心配でした。

18時頃までは 空全体が雲に覆われていたのですが

19時頃から少しづつ雲が薄い部分が現れて、

20時頃には月の明かりが分かるレベルになっていたので

いづれ見えることだろうと思って待っていました。

21時頃には月がハッキリと見えだしたので 急いで機材の準備をして撮影しました。

比較的シャープに撮れたと思います。

満月の前日ということで、月の東側が ほんの僅かに欠けています。

月のパワーを受けてから 布団に入ることが出来たオイラです。

2019年9月 6日 (金)

2019年8月21日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/320秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019821_iso400_3201_bl01

月齢19.6 です。

この月齢では、欠け際に「晴れの海」「静かの海」が見えています。

「静かの海」は 人類が初めてアポロ11号が月に着陸した場所です。

「ここなんだなぁ・・・」と思うと いつもとは違う月を見てるように感じますね。 

この日は、月の高度も高かったのですが シーイングは普通レベルで

画像的には まずまずのシャープ感、ていうところですかね。

より以前の記事一覧

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Fire HD 10 タブレット 32GB - Alexa搭載
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック