2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体観測(太陽・月・惑星)」の記事

2019年9月30日 (月)

2019年9月6日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、木星・ガリレオ衛星 を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/10秒、低振動モード2秒

50flepl5__201996_iso400_101_bl01

↓シュミレーション画像です。

201996190001

ガリレオ衛星の並びですが、左側から

カリスト

イオ

(木星本体)

エウロパ

ガニメデ

と並んでます。

木星は、見掛けの視直径が9/30現在で35.8″です。

薄明終了する頃には 南西の空で高度が20°程度と低くなっていますので

見れるときに見たいものです。

今シーズンは、そろそろ見納めでしょうかね。

2019年9月29日 (日)

2019年9月6日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、土星を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO800、露出1/125秒、低振動モード2秒

50flepl5__201996_iso800_1251_bl01

土星です。視直径17.4秒です。

この機材としては、まずまずの画像でしょうか。

本日9/29 18:30頃の空↓です。

201995200001

土星は、この日時(9/29 18時30分頃)では ほぼ南中していて

とても見やすいです。

少しづつ遠ざかっていますが、

望遠鏡があれば口径が小さくても環は見ることができます。

口径50mmという小さいこの機材でもアイピースを通して見れば

確実に環は見れますから 魅力的な天体ですよね。

土星の環には カッシニーの隙間という空間があって それもまた魅力的です。

小口径の望遠鏡を使ってカッシニーの隙間を写真を撮ることは難しいのですが、

カッシニーの隙間を見るのは シーイングさえ良ければ

小口径の望遠鏡でも可能です。

2019年9月24日 (火)

2019年9月6日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/500秒、低振動モード2秒

50flepl5__201996_iso400_5001_bl01

月齢7.0 です。

この月齢では、欠け際に「月面X」は まだ見えていませんね。

まだ 当分先の時間帯のようでした。

月の歳差運動によって 西側の端が普段よりも よく見えています。

「危機の海」の西側に、いつもの月では 見えなかった

海のような濃い灰色の部分が見えますね。

欠け際の少し北側に隣接する「晴れの海」と

すぐ南西にある「静かの海」は良く目立つところですが

「静かの海」は 人類が初めてアポロ11号が月に着陸した場所です。

「ここなんだなぁ・・・」と思うと いつもとは違う月を見てるように感じますね。

画質的には まずまずのシャープ感、ていうところですかね。

2019年9月14日 (土)

「中秋の名月」の撮影 2019年9月13日(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、「中秋の名月」を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓リサイズ・トリミング、感度ISO200、露出1/500秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019913_iso200_5001_bl02

↓等倍です

50flepl5__2019913_iso200_5001_bl01

晴れてくれたので 撮れました!

昼間は ず~と曇っていて 比較的厚い雲でしたから

夜の天気が とても心配でした。

18時頃までは 空全体が雲に覆われていたのですが

19時頃から少しづつ雲が薄い部分が現れて、

20時頃には月の明かりが分かるレベルになっていたので

いづれ見えることだろうと思って待っていました。

21時頃には月がハッキリと見えだしたので 急いで機材の準備をして撮影しました。

比較的シャープに撮れたと思います。

満月の前日ということで、月の東側が ほんの僅かに欠けています。

月のパワーを受けてから 布団に入ることが出来たオイラです。

2019年9月 6日 (金)

2019年8月21日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/320秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019821_iso400_3201_bl01

月齢19.6 です。

この月齢では、欠け際に「晴れの海」「静かの海」が見えています。

「静かの海」は 人類が初めてアポロ11号が月に着陸した場所です。

「ここなんだなぁ・・・」と思うと いつもとは違う月を見てるように感じますね。 

この日は、月の高度も高かったのですが シーイングは普通レベルで

画像的には まずまずのシャープ感、ていうところですかね。

2019年9月 5日 (木)

2019年8月17日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、土星を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO2000、露出1/200秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019817_iso2000_2001_bl01

土星です。視直径17.9秒です。

この機材としては、シャープに撮れたと思います。

9/5 20:00頃の空↓です。

201995200001

土星は、この日時(9/5 20時)では ほぼ南中していて

とても見やすい時期です。

望遠鏡があれば口径が小さくても環は見ることができます。

口径50mmという小さいこの機材でもアイピースを通して見れば

確実に環は見れますから 魅力的な天体ですよね。

土星の環には カッシニーの隙間という空間があって それもまた魅力的です。

小口径の望遠鏡を使ってカッシニーの隙間を写真を撮ることは難しいのですが、

カッシニーの隙間を見るのは シーイングさえ良ければ

小口径の望遠鏡でも可能です。

2019年9月 4日 (水)

2019年8月17日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/250秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019817_iso400_2501_bl01

月齢16.4 です。

この月齢では、「危機の海」が見どころでしょうか。

「危機の海」の周辺にある凸凹な地形が特に印象的で好きです。

すぐ北には大きなクレーター「クレオメデス」があり、

欠け際の南の方には、カルデラのようなクレーター「ペタビウス」が鎮座しています。

これは、なかなかの大きさなので目立ちます。

この日は、月の高度が低くてシーイングが あまりよろしくなかったようで

シャープ感に欠ける画像になってしまったのが少し残念ですね。

2019年8月30日 (金)

2019年8月10日の木星・ガリレオ衛星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、木星・ガリレオ衛星 を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO2000、露出1/15秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019810_iso2000_151_bl01

↓シュミレーション画像です。

2019810210901

ガリレオ衛星の並びですが、左側から

エウロパ

イオ

(木星本体)

ガニメデ

カリスト

と並んでます。

木星は、見掛けの視直径が8/10現在で41.5″です。

衝を過ぎたのですが まだまだ見頃時期ですから 見れるときに見たいものです。

(6月中旬頃に一番大きく見えて 視直径が 46″くらいでした)

今回、木星本体の縞模様も撮影チャレンジしてみました。

↓トリミング、感度ISO2000、露出時間1/1000秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019810_iso2000_10001_bl01

かろうじて、縞1本写りましたね。

いや~木星の縞模様を上手く写すのは 簡単ではありませんね。

2019年8月29日 (木)

2019年8月10日の土星(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、土星を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO2000、露出1/250秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019810_iso2000_2501_bl01

土星です。視直径18.0秒です。

この機材としては、シャープに撮れました。

土星は ちょうど見頃期で 夜半前でも見やすい高度になっています。

7/10に衝でしたから、すこしづつ見掛けの大きさは小さくなってますが

まだまだ良く見えます。

土星は、口径が小さくても環は見ることができます。

口径50mmという小さいこの機材でもアイピースを通して見れば

確実に環は見れますから とても魅力的な天体ですよね。

土星の環には カッシニーの隙間という空間があって それもまた魅力的です。

小口径の望遠鏡を使ってカッシニーの隙間を写真を撮ることは難しいのですが、

カッシニーの隙間を見るのは シーイングさえ良ければ

小口径の望遠鏡でも可能です。

2019年8月28日 (水)

2019年8月10日の月(機材:ミニボーグ50FL、E-PL5、ポラリエ)

自宅ベランダにて、月を撮影しました。

機材は、

ミニボーグ50FL+オリンパスE-PL5+ポラリエ です。

(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)
↓トリミング、感度ISO400、露出1/320秒、低振動モード2秒

50flepl5__2019810_iso400_3201_bl01

月齢9.3 です。

この月齢での欠け際には、クレーター「コペルニクス」が鎮座しています。

この月齢で見ないわけにはいきませんね。

欠け際では、いつ見ても男らしさを感じる格好いいクレーターです。

南の方では、欠け際から少し離れたところに光条で有名な「ティコ」が目につきます。

この月齢では、光条は ほとんど見られませんが それでもパッと見て

「ティコ」の存在は すぐに分かりますね。

より以前の記事一覧

★  スポンサーリンク  ★




☆お勧め商品!

  • 新登場 Echo Show 5 (エコーショー5)
  • Fire 7 タブレット 16GB - Alexa搭載 (Newモデル)
  • Fire HD 10 タブレット 32GB - Alexa搭載
  • Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT)
  • カレンダー2019 星空散歩
  • 2019年大判カレンダー 月齢 月の満ち欠けカレンダー
  • 日めくりカレンダー 星空ごよみ365日 2019
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック