2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー「天体観測(彗星)」の記事

2017年9月30日 (土)

ブログ開設10周年! 2017年9月30日

ブログ開始日が 2007年9月30日でしたので
今日で 11年目に入ります。
 
つまり10周年ということでしょうかね。
早いものです。
 
まさか こんなに続くとは思っていませんでしたし
(ここ数年は)ほぼ毎日更新しているなんて考えてもみませんでしたからね。
10年続けてこれたこと、自分で言うのもなんですが
おめでたいです!
オイラの周りの皆さま、ブログを拝見してくれた皆さま、のお蔭だと思っています。
お礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございました。
 
10年間の記事を振り返って
印象に残るブログ記事を10個選んでみました。
 
皆様のアクセス数などは一切関係ありません(汗)
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オイラ的 10周年・ブログ記事10選!
(①から⑩は順位を表している訳ではありません)
 
念願のビクセン・イベント参加!
 
高校時代の部活友達から始まったバスケチームメンバーの20周年記念旅行!
 
子供のお弁当製作、ハイクオリティー!
 
念願の「原村星まつり」家族参加!
 
「原村星まつり」でお世話になった、我が家にベストマッチなコテージ!
 
衝撃のジェラート!激ウマイ!
 
なんてことだ・・・雲が~!次回、北海道の金環日食に期待!
 
晴天を追い求めて京都まで行きました!
 
家族で彗星の観望会をしました!最近にしては明るい彗星!
クッキリと天の川、ペルセウス流星群が良く見えた!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ああ・・・懐かしいですね~。
画像を見ると思いだしますねぇ。
子供たちも まだ小さかったりして、「あぁ こんな時もあったなぁ・・・」
なんて思いにふけることが出来ました。
これもオイラにとっては小さな幸せだったりします。
今度、10年後は どうなっているでしょうかねぇ。
まだ続けてブログをやっているか分かりませんが
可能な限り続けてみたいと思っています。
 
10年後は子供たちも 大きくなっているので
記事の内容にかなり変化があるような気がします。
 
ブログを始めた切っ掛けは、趣味と子供たちの記録を残そうと思ったことです。
当時、長女がオイラのことを「おとーたん」と呼んでいたので
ブログのタイトルを「おとーたんの星見日記」としました。
 
今では、長女も中学生になり そんなふうには もちろん呼ばれませんから
タイトルから懐かしさを思い出させてくれる点は良いのてすが、
ここ数年 タイトルを変えるか悩んでいました。
もうしばらくは、このまま と考えています。
(もしかしたら、10年後には 変わっているかもしれません。)
さて、そろそろオイラも いつもの家事をやらないといけない時間帯にきたので
今日は このあたりで シメたいと思います。
10年間 誠にありがとうござました。
今日から、また よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

2017年5月10日 (水)

「タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星」の撮影 2017年5月2日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5__201752_iso2000_30_b_2

この日は、たまたま こと座のベガの西側に位置していて

探しやすいと思って撮影にチャレンジしたのですが・・・

最初は、アイピース越しに位置確認したかったのですが

どうしても存在が分からなくて、だいたいの位置にフレームを合わせて

とったのが この画像になります。

上の写真では彗星の存在が微かにしか分からないので

↓こちらに 黄色の破線円で示してあります。

67fl7108epl5__201752_iso2000_30_b_3

これでは、アイピース越しに見るのが難しいのは分かる気がします。

まぁ なんとか撮れたということで 満足しています。

やはり 期間限定の彗星は 撮れると嬉しいものですね。

2017年2月18日 (土)

「本田ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星」の撮影 2017年2月15日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「本田ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5__2017215_iso2000_30_bl

久しぶりに見る彗星と期待して導入を試みましたが

実は、アイピースを覗きこみながら それらしき彗星の姿を探したものの

それらしき姿がわからずに断念してしまったのです。

しかし念のためシュミレーションで確認した置を参考に

「ここらへんに いると思うから とりあえずシャッターを・・・」と思いながら

撮った画像です。

撮って分かりましたが、「こりゃぁ、アイピース越しにも見えない訳だと思いました。

画像中心部には彗星は写っていなくて 中央から やや左上にモヤッとした

ものが見えるかもしれませんが、それが 今回の彗星のようです。

↓分かり易いようにしてみました。黄色の点線内の中心付近を見てください。

67fl7108epl5__2017215_iso2000_30__2

この微かな モヤッとしたものが今回のお目当ての彗星のようです。

こんだけ淡いと 光害地ということになると

眼視で確認するのはかなり難しいですね。

あ、しかも月明かりもありましたからね。

 

2016年4月17日 (日)

「リニア彗星(252P)」の撮影 2016年4月12日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「リニア彗星(252P)」を撮影しました。

機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間40秒、低振動モード4秒

67fl7108epl5_252p_2016412_iso2000_4

やっと撮影出来ました。

中心部にあるモヤッとした青緑色のがリニア彗星ですね。

考えていたよりも暗くて(淡くて)、この光害地では探すのが困難でした。

正直、眼視レベルでは位置確認すら出来ませんでした。

あらかじめステラナビゲーターで星図を作っていたので

それを見ながら、おおよその位置で撮影したら

たまたま写ったといった感じです。

「えぇっ!これかぁ・・・暗いっ。」といった感じでしたね。

おそらく7等級前後 だったかと思うので

彗星としては、光害地の場合は眼視で確認する限界かもしれません。

まぁ、でも撮れて良かったですよ。

ホッとしましたね。撮れたことに満足して一安心です。

2016年2月11日 (木)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月20日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_2016120_iso2000_60_bl0

透明度も比較的良かったので、なかなか良い写りかと思います。

なにしろ撮影場所は自宅=光害地なため元画像のバックは基本グレー色ですが

悪いときの白や黄色が混じった感じではなく、紺が少しまじった感じの色ですね。

ただ、仕上がりとして 少しでも彗星の尾のようなものを表現したかったので

多少バックが明るく仕上がっています。

しかし、この日はカタリナ彗星を導入するのに 少々苦労しました。

眼視で導入するのは そろそろ限界に思えましたね。

高度も比較的高かったのですが、アイピース越しに見る姿は

以前のような元気は なくなってしまっていましたね。

本当に淡い姿になってきているので 星図がないと厳しい状況と

思った方が良いかもしれません。

いや~でも 長い間、この カタリナ彗星には楽しませてもらいました。

彗星は、楽しいものですね。

2016年2月 8日 (月)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月16日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出50秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_2016116_iso2000_50_bl0

北斗七星のアルカイドの近くにいました。

明け方ならば、高度も高くなってきたので 時期的にちょうど撮りごろかと思いました。

この日以降から、だんだん暗くなっていくようですので

オイラのカタリナ彗星ブームもピークを過ぎていくのかと思います。

なにしろ淡いですから 暗くなって眼視導入できなとなると

撮影の難易度が急激に増します。

この日は、なんとか導入できた、といった感じでした。

1月上旬と比較すると明らかに暗くなっている感じがしましたね。

2016年2月 5日 (金)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月13日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_2016113_iso2000_60_bl0

この日は透明度も なかなか良くて 高度も そこそこ高くなってきたので

良い彗星の姿を映し出すことが出来た気がします。

なにぶん光害地なもので あまり露出時間も長くできないので

60秒露出では このあたりが限界かと思ってます。

それにしてもバックグラウンドがスッキリした感じで

満足度の高い画像となりました。

1月下旬には暗くなり始めるようなので

この1月中旬頃が一番良い時期なのかもしれませんね。

(もう2月になっていますが・・・)

2016年2月 3日 (水)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月10日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_2016110_iso2000_60_bl0

透明度も良く、高度も高くなってきたので ちょうど撮りごろですね。

なかなか良く撮れたと思います。

しかし、この彗星独特の 核があってその周りをモヤッとした青緑色の姿は

何回見ても 飽きることはありません。何故か癒されます。

実に不思議ですね。

オイラが初めて見た彗星、ハレー彗星のことを思いだしました。

当時、中学生だったのですが親に車で海岸まで連れて行ってもらって

望遠鏡でハレー彗星を導入して観望した記憶があります。

かなり、高度が低くて望遠鏡が横の方に向いてたのを覚えていますね。

近くにいた見知らぬ方が、望遠鏡を持ってきていたものの

導入が出来なくて困っていたのを見て、

頼まれたこともあって 導入してあげたら喜んでもらえたのを思い出しました。

そのときに見たハレー彗星は尾が見えなくて ぼんやりした姿だったので、

なんとなくカタリナ彗星に似ている感じがしますね。

とても懐かしい思い出です。

2016年1月31日 (日)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月9日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出60秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_201619_iso2000_60_bl01

透明度もなかなか良かったので、なかなか良く撮れたと思います。

ちょっと頑張ってカタリナ彗星の淡い部分を表現しようとしましたが

ノイズがちょっと多くなってしまいましたね。

やはり、彗星の尾までは60秒程度の露出では難しいようです。

本来であれば5分くらいは露出時間を確保したいのですが

なにぶん光害地なので、おそらく5分も露出したらバックが真っ白かと思います。

そうなると・・・フィルターが必須で、しかもレリーズが必要だったりします。

一番ネックなのは時間ですね。

5分間の露出だと、ノイズリダクションを設定してるので

おそらく倍の10分程度の時間が必要になります。

一発で合格ラインを超える画像が得られれば良いのですが

そうとも限らないので 2枚、3枚、と撮影すると

時間が かなり必要になります。

(今まで星雲星団1撮影の撮影時間は、

機材の準備~撤収まで全工程で 最短15分程度です。)

実行するには、やはり時間確保のために睡眠時間を削る他ありませんので

そこまでしては やる気が起きないのが現状です。

理想を言うと、感度をもっともっと上げても ノイズが出にくいカメラが

あるとイイなぁとか思います。探してみるかな。

2016年1月28日 (木)

「カタリナ彗星(C/2013 US10)」の撮影 2016年1月8日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「カタリナ彗星(C/2013 US10)」を撮影しました。

機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら)

↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出40秒、低振動モード4秒

36ed7110epl5_201614_iso2000_40_bl01

極軸合わせをし始めた頃に雲が発生し始めて、

タカリナ彗星を導入した頃に雲が空を覆い始めてきてしまったのですが、

なんとか隙間を狙って撮ってみたのがこれです。

半分くらいは雲に覆われた画像ですが、彗星らしき姿がハッキリと写っているので

撮れただけ良かったと思いましょうかね。

ちょうど撮りごろな時期なので、導入できる限りは撮りたいと思ってます。

より以前の記事一覧

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック