2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「展示会 CP+」の記事

2018年3月12日 (月)

CP+ 2018 行ってきました!(Nikonブース編)

■↓Nikonのブースに行きました。
オイラ的には、やっぱ↓これです。
Cp_nikon01
 
Cp_nikon02
WX 7×50 IF
7倍の超広視界双眼鏡!
いや~いつ覗いてもいいものです。
単純に目の前に それがあるかのように近づける気がします。
 
Cp_nikon03
 
Cp_nikon04
WX 10×50 IF
10倍の超広視界双眼鏡!
昨年の「原村星まつり」で 覗かせて頂きましたが
こらちの方が好きです。
展示会場では 展示物や人を見てあらためて性能の素晴らしさを実感しました。
双眼鏡を覗くと同時に近くにワープするかのようです。
しかも、超広視界なのに周辺像の収差が少なすぎです!
さすが、Nikonと言わざるをえない状況でした。

2018年3月11日 (日)

CP+ 2018 行ってきました!(Canonブース編)

■↓Canonのブースに行きました。
Cp_canon01
オイラがこちらで興味があるのは、双眼鏡です。
 
↓新型の双眼鏡、「BINO10×32IS」です。
Cp_canon02
従来の光学式手ブレ補正機構(IS)に加えて
低周波数の揺れに対応するパワードISに対応ということで
人の呼吸などに起因する体の大きな揺れに対する振動にも
対応できるとのことです。
機能的には、とても魅力なのですが・・・実売価格を見てしまうと
ちょっと引いてしまいますね(汗)
この新型を買うなら、やはり こっちかなぁ・・・と思うのが おなじみですが
 
■こちら↓「BINO10×42L IS WP」です。
Cp_canon03
何といっても 口径と倍率のバランスがとれていますし
周辺像も非常に良好に補正されているので、視野全域がとてもスッキリとした
見え味で とても快適です。
もう、この商品がリリースされてからオイラの「双眼鏡・欲しいものリスト」で
ダントツのNo1です。
 

2018年3月10日 (土)

CP+ 2018 行ってきました!(VIXENブース編 その5)

  
双眼鏡で気になったアイテムなんですが、
■こちら↓「双眼鏡 ATERA H12×30」
Cp_vixen15
 
Cp_vixen16
防振双眼鏡ということですが、今までにないくらい軽いのが特徴です。
デザインは外観上滑らかな曲線が多いのと色が明るいので
女性ウケしやすそうですよね。
ただし、やはり妥協しないといけない点もありますかね。
例えば、見掛視界は47.5度 なので 広視界とは言えないかと思います。
あとは 価格ですが ヨドバシで 73,980円でした。
どうも形状的にケンコーのOEMっぽいです。
形状の似ているケンコー「防振双眼鏡VCスマート」の方が安い気がしましたので
デザインを重視しない方はケンコーに流れる気がします。
実際に展示品を使ってみましたが、防振機能がキチッと働いて
手振れがピタッと止まります。
防振双眼鏡で この軽さは とても魅力ですね。

2018年3月 9日 (金)

CP+ 2018 行ってきました!(VIXENブース編 その4)

小物で気になったアイテムなんですが、
昨年あたりに参考出品されていたような気がしましたが・・・
 
■↓「ファインダーアイピース100」です。
Cp_vixen13
いつもファインダーについては悩みますね。
通常は、ファインダーがある方が便利で導入もしやすくなるのは
当り前ですが、収納に邪魔だったり調整が必要だったりするので
焦点距離の短めの鏡筒(400mm以下)にはファインダーが無い状態で
使用しています。
そのかわり 焦点距離の長いアイピースを使用して どうにか導入していますが、
時々 何処を見ているのか分からなくなる場合もありますから
そういう時にファインダーの必要性を感じてしまったりしています。
しかし、こういう製品があると 悩みが解消されるかもしれないと思わされますね。
ただし、覗いてみたのですが ちょっと見掛視界が狭そうです。
40度くらい?ですかね?
 
こちら↓が覗いたときの画像です。
Cp_vixen14
内面反射も見受けられますが、価格的にはガマンすべきことかもしれません。
あとは、実際の星像の見え具合がどんなものか見てみたいですね。
とにかく安いので、買ってしまいそうです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 「VIXEN ブース編 その5」 につづく。 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

2018年3月 8日 (木)

CP+ 2018 行ってきました!(VIXENブース編 その3)

  
■展示品の中で、鏡筒として興味あったのがこれ↓
Cp_vixen10
フローライトレンズを使用した小さい鏡筒です。
型番から口径はすぐに想像がついて55mmと分かったのですが
焦点距離は???と思って、よ~く見たら
 
↓鏡筒の銘版に小さく記載されてました。300mm ですね。
 
Cp_vixen11
 
後から、↓こんなスペックボードにも気づきしまた。
 
Cp_vixen12
まず、価格が 108,000円 と表示してありましたが
ちょっと口径の割に高いイメージがあります。
あれ? こちらでは、焦点距離が303mm になっています。
300 か 303 どちらでしょうか???
いづれにしても眼視を楽しむために
VIXEN のハイレゾHRシリーズのアイピースが効果を発揮しそうですね。
フラットナーを使用することでAPSサイズであれば周辺像までシャープな像で
天体写真にも適した仕様になるようですね。
ビクセン好きでコンパクト好きな方に魅力的な製品になりそうです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「VIXEN ブース編 その4」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2018年3月 7日 (水)

CP+ 2018 行ってきました!(VIXENブース編 その2)

 
■展示ブースの全面に展示してあって目を引いたのがこれ↓。
Cp_vixen06
この架台です。「モバイルポルタ」です。
(残念ながら 架台単体販売はないそうです。)
Cp_vixen07
どうやら ポルタⅡの架台の性能を引き継ぎつつ
コンパクトに再設計したようです。
Cp_vixen08
アームの部分が折りたためるような仕組みで 比較的コンパクトに収納可能ですね。
出っぱりが少ないのは とても助かりますね。
セミナーに少し参加しましたが↓こちらの説明が一番わかりやすいかと思います。
Cp_vixen09
ただ、三脚そのものが 少々貧弱な感じだったので
あまり長い鏡筒には向かないかと思います。
小さい鏡筒には良さそうでしたよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

「VIXEN ブース編 その3」 につづく。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2018年3月 6日 (火)

CP+ 2018 行ってきました!(VIXENブース編 その1)

■↓CP+ 2018 ビクセン(VIXEN)のブースに行きました。

今年の展示は、赤と黒をメインとした色合いで仕上げていて

明るく楽しい雰囲気よりも 何かダークなイメージを感じてしまいましたね。

良かったのが上の方に設置させた電光掲示が目立っていて

都度メッセージを発信していたので面白いと思いました。

Cp_vixen01

今年は、当然のごとく 火星をネタに持ってきていて

それに伴い ご自慢のハイレゾアイピースの新しい焦点距離を発表してました。

Cp_vixen02

Cp_vixen04

Cp_vixen03

新しい焦点距離は 3.4mm という 何故か中途半端な仕様です。

オイラの手持ち(例)の対物レンズの焦点距離に対する倍率は

200mm(36ED)→ 倍率=200÷3.4=59倍

300mm(67FL)→ 倍率=300÷3.4=88倍

400mm(50FL)→ 倍率=400÷3.4=118倍

500mm(90FL?)→ 倍率=500÷3.4=147倍

となりますね。

惑星を見るには程良い倍率だと思いますので、

アイピースの性能は安定的に発揮できそうですね。

オイラは、このシリーズのアイピースを2つ持っていますが(1.6mmと2.0mm)

いづれも買って良かったと思える商品です。

まず第一に とても明るいです。不思議なくらい明るいんですよね。

さらにシーイングが良いときには高解像度な性能が発揮されます。

過剰倍率だと性能を発揮するチャンスが少ないのですが

そういうチャンスがくることを期待する楽しみというのも

なかなか面白いと思えました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「VIXEN ブース編 その2」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2018年3月 5日 (月)

CP+ 2018 行ってきました!(BORGブース編 その2)

今年は、大きいのをメインに展示している雰囲気がありましたが
もちろん、小さい製品もカウンターの方に陳列されていました。

■↓ポータブル赤道儀コーナー

Cp_borg09

Cp_borg04

特に気になったのが、こちら↑なんです。

でも・・・コ・ボーグ36ED ではなくで その架台です。

SLIK ECH-630 電動雲台です。

別メーカの話で 失礼なのは承知で 中川さんに正直にお話したら

「これ、いいんですよ~」と楽しそうに話してくれました。

と 同時にバラしてくれて 「持ってみて下さい。軽いですから~」と。

Cp_borg05

Cp_borg06

実際に手にとってみましたが 軽いのと 形が良くて とてもコンパクトに
なっています。
電池ボックスも一体型なのに このコンパクトさです。
上手く設計したものだと感心しましたね。
↓分解すると、こんな風にポラリエと似た構造になっていました。

Cp_borg07

何回か、家族旅行で 望遠鏡は持っていっても

撮影機材は あきらめてしまうケースがありましたが

これがあれば、旅行先にも 持っていく気になれそうです。

ちなみに、この色も 夜空の色っぽくて好きですね。

2018年3月 4日 (日)

CP+ 2018 行ってきました!(BORGブース編 その1)

今年も CP+ に行ってきました。

カミさんは、毎年の恒例行事ということで

すでに認識していたみたいで

先週の日曜日に、「CP+ は、いつ行くの?」と 逆に聞かれました。

(行かせてもらうことを相談する前に です。)

とてもありがたいです!いや~助かりますね。

 

■↓BORG(ボーグ)ブースです。

Cp_borg01

今年は、今までになく ブース全体が超カッコイイです!

ただ・・・、ほとんどの商品の色が黒なので ブース全体が黒っぽいため

商品がブースの色に埋もれがちな感じでした。

(昨年までの白っぽいブースのときは商品には黒色が多いこともあって

引き立っていましたが・・・)

おそらく そのあたりは 照明でカバーしよう、ということなのだと思いましたが

少し検討の余地があると思っちゃいました。

さて、展示に関してですが 向かって右側に試作品や新製品が並んでいました。

 

■↓115φカーボン鏡筒シリーズ

Cp_borg08

これ、太いです! コ・ボーグの鏡筒と比較すると分かると思いますが

本当に親子のような差があると思います。

 

■↓107FL鏡筒セット115CF

Cp_borg02

左側のが

107FL対物レンズ+115φカーボン鏡筒+3インチ接眼部のスペシャルセット

右側のが

EDレデューサー0.7×DCQCセット

のようです。

Cp_borg03

右側の太くて短いのが特に気になりましたね。

レデューサを装着すると、こんなに短くなるのかぁ・・・と思いました。

最近は、長いのよりも短い方が興味がありますし

性能を凝縮したようなコロコロとした雰囲気が興味を湧き立てます。

今年は、デカい方に力を注いでいるようですね。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「BORGブース編 その2」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年9月30日 (土)

ブログ開設10周年! 2017年9月30日

ブログ開始日が 2007年9月30日でしたので
今日で 11年目に入ります。
 
つまり10周年ということでしょうかね。
早いものです。
 
まさか こんなに続くとは思っていませんでしたし
(ここ数年は)ほぼ毎日更新しているなんて考えてもみませんでしたからね。
10年続けてこれたこと、自分で言うのもなんですが
おめでたいです!
オイラの周りの皆さま、ブログを拝見してくれた皆さま、のお蔭だと思っています。
お礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございました。
 
10年間の記事を振り返って
印象に残るブログ記事を10個選んでみました。
 
皆様のアクセス数などは一切関係ありません(汗)
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オイラ的 10周年・ブログ記事10選!
(①から⑩は順位を表している訳ではありません)
 
念願のビクセン・イベント参加!
 
高校時代の部活友達から始まったバスケチームメンバーの20周年記念旅行!
 
子供のお弁当製作、ハイクオリティー!
 
念願の「原村星まつり」家族参加!
 
「原村星まつり」でお世話になった、我が家にベストマッチなコテージ!
 
衝撃のジェラート!激ウマイ!
 
なんてことだ・・・雲が~!次回、北海道の金環日食に期待!
 
晴天を追い求めて京都まで行きました!
 
家族で彗星の観望会をしました!最近にしては明るい彗星!
クッキリと天の川、ペルセウス流星群が良く見えた!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ああ・・・懐かしいですね~。
画像を見ると思いだしますねぇ。
子供たちも まだ小さかったりして、「あぁ こんな時もあったなぁ・・・」
なんて思いにふけることが出来ました。
これもオイラにとっては小さな幸せだったりします。
今度、10年後は どうなっているでしょうかねぇ。
まだ続けてブログをやっているか分かりませんが
可能な限り続けてみたいと思っています。
 
10年後は子供たちも 大きくなっているので
記事の内容にかなり変化があるような気がします。
 
ブログを始めた切っ掛けは、趣味と子供たちの記録を残そうと思ったことです。
当時、長女がオイラのことを「おとーたん」と呼んでいたので
ブログのタイトルを「おとーたんの星見日記」としました。
 
今では、長女も中学生になり そんなふうには もちろん呼ばれませんから
タイトルから懐かしさを思い出させてくれる点は良いのてすが、
ここ数年 タイトルを変えるか悩んでいました。
もうしばらくは、このまま と考えています。
(もしかしたら、10年後には 変わっているかもしれません。)
さて、そろそろオイラも いつもの家事をやらないといけない時間帯にきたので
今日は このあたりで シメたいと思います。
10年間 誠にありがとうござました。
今日から、また よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

より以前の記事一覧

★  スポンサーリンク  ★






☆お勧め商品!

  • OLYMPUS ミラーレス一眼 E-PL8 EZ ダブルズームキット ホワイト
  • 火星大接近&はやぶさ2
  • 火星の科学
  • オデッセイ(吹替版)
  • 火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
  • マーズ 火星移住計画
  • 人類が火星に移住する日
  • コ・ボーグ36ED望遠レンズセット(BK) BORG 【6237】

最近のトラックバック