2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

カテゴリー「展示会 CP+」の記事

2017年9月30日 (土)

ブログ開設10周年! 2017年9月30日

ブログ開始日が 2007年9月30日でしたので
今日で 11年目に入ります。
 
つまり10周年ということでしょうかね。
早いものです。
 
まさか こんなに続くとは思っていませんでしたし
(ここ数年は)ほぼ毎日更新しているなんて考えてもみませんでしたからね。
10年続けてこれたこと、自分で言うのもなんですが
おめでたいです!
オイラの周りの皆さま、ブログを拝見してくれた皆さま、のお蔭だと思っています。
お礼申し上げますm(_ _)m
ありがとうございました。
 
10年間の記事を振り返って
印象に残るブログ記事を10個選んでみました。
 
皆様のアクセス数などは一切関係ありません(汗)
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
オイラ的 10周年・ブログ記事10選!
(①から⑩は順位を表している訳ではありません)
 
念願のビクセン・イベント参加!
 
高校時代の部活友達から始まったバスケチームメンバーの20周年記念旅行!
 
子供のお弁当製作、ハイクオリティー!
 
念願の「原村星まつり」家族参加!
 
「原村星まつり」でお世話になった、我が家にベストマッチなコテージ!
 
衝撃のジェラート!激ウマイ!
 
なんてことだ・・・雲が~!次回、北海道の金環日食に期待!
 
晴天を追い求めて京都まで行きました!
 
家族で彗星の観望会をしました!最近にしては明るい彗星!
クッキリと天の川、ペルセウス流星群が良く見えた!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ああ・・・懐かしいですね~。
画像を見ると思いだしますねぇ。
子供たちも まだ小さかったりして、「あぁ こんな時もあったなぁ・・・」
なんて思いにふけることが出来ました。
これもオイラにとっては小さな幸せだったりします。
今度、10年後は どうなっているでしょうかねぇ。
まだ続けてブログをやっているか分かりませんが
可能な限り続けてみたいと思っています。
 
10年後は子供たちも 大きくなっているので
記事の内容にかなり変化があるような気がします。
 
ブログを始めた切っ掛けは、趣味と子供たちの記録を残そうと思ったことです。
当時、長女がオイラのことを「おとーたん」と呼んでいたので
ブログのタイトルを「おとーたんの星見日記」としました。
 
今では、長女も中学生になり そんなふうには もちろん呼ばれませんから
タイトルから懐かしさを思い出させてくれる点は良いのてすが、
ここ数年 タイトルを変えるか悩んでいました。
もうしばらくは、このまま と考えています。
(もしかしたら、10年後には 変わっているかもしれません。)
さて、そろそろオイラも いつもの家事をやらないといけない時間帯にきたので
今日は このあたりで シメたいと思います。
10年間 誠にありがとうござました。
今日から、また よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
 

2017年3月 5日 (日)

CP+ 2017 行ってきました!(ケンコー・トキナー ブース編)

CP+2017望遠鏡ゾーン おなじみ
ポータブル赤道義・スカイメモで有名な
■↓ケンコー・トキナー ブースです。
04_01
少々地味なイメージですが、なかなか良い商品があるんですよね。
■↓今回目玉と思われる 防振双眼鏡
04_02
防振双眼鏡として軽量化に力を注いだ商品のようです。
見た目もコンパクトで取り扱いが良さそうですね。
■↓モデルとしては 10×30 と 14×30 の2機種
 
04_03
 
04_04
そのほかには
■↓防振単眼鏡が3機種ありました
 
04_05
単眼なので軽量・コンパクトで手軽で良いのですが
 
価格的には ちょっと・・・お高いイメージがありますねぇ。
この3機種から選ぶとしたら
8倍 のが欲しいですね。
 

2017年3月 4日 (土)

CP+ 2017 行ってきました!(ニコンイメージング ブース編 その2)

さて、例の 超広視界双眼鏡 の↓資料(フリップ)を後からみたのですが
 
03_nikoni06
 
03_nikoni07
これらを見ると、この製品が いかなる双眼鏡なのかが
よく分かりますね。
とことん細部にわたって考えられていると思います。
重量や大きさは、犠牲になってますが
ある意味究極の光学性能を有した双眼鏡ともいえるかと思いました。
どこかの星祭りとかで星空を覗くことが出来たら嬉しいものです。
いや~この双眼鏡を体験することが出来て とってもハッピーになれました。
これだけでもCP+ に来た価値があったとも言えるかもしれませんね。
 
 
 

2017年3月 3日 (金)

CP+ 2017 行ってきました!(ニコンイメージング ブース編 その1)

CP+ 2017 望遠鏡ゾーンの一角に ニコンイメージングがあって
 
↓こんな感じで、立て看板があって行列が出来てたので近くにいってみました。
03_nikoni01
並んでしばし…順番が回ってきて、行列の意味が分かりました。
 
↓これです。超広視界双眼鏡!
 
03_nikoni02
ちょっとゴツイのですが、試作機とのこと。
ピントは比較的合わせやすく、なによりも驚くほど見掛視界が広いです。
↓10×50、実視界9°です!
 
03_nikoni03
旧式で計算すると 見掛視界は 90°です。
新方式ですと、76.4°だそうですね。
そんな数字よりもなにより、本当に目の前に来た感じですから
臨場感がありますね。
そして、いつものオイラの癖で、周辺像をテストしましたところ
中心部から80%までは かなり良好。
90%から少しずつ収差を感じました。
しかし、この見掛視界で この周辺像は神業という他ありません。
いや~驚くべき双眼鏡です。
是非とも製品化してほしいものです。
しかし価格が そうとうなものになりそうなので
手にするには・・・難しいかもしれませんね。
 
↓ついでに、となりにあった 倍率の違う双眼鏡も・・・
03_nikoni04
こちらは、 7×50 実視界10.7°です。
03_nikoni05
これも同様に超広視界です。
旧式で計算すると 見掛視界は 74.9°です。
新方式ですと、66.6°だそうです。
こちらも素晴らしいですが、10倍の方がインパクトはあります。
凄い双眼鏡が見れて とってもテンション上がりましたね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「ニコンイメージング ブース編 その2」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年3月 2日 (木)

CP+ 2017 行ってきました!(VIXENブース編 その3)

「VIXEN ブース編 その2」 のつづきです。
まずは、CP+ の直前に発売された この双眼鏡。
02_vixen15
カタログを見ると 、フリーマルチコート、フェーズコート、防水、ハイアイ、と
なかなか良い製品かと思います。
価格的にもバランスがとれてるかと・・・。
さて、双眼鏡のコーナーで昨年新発売されてから
とてもとても気になっている こちら。
 
02_vixen14
現在のところ 購入価格が引っかかって 入手には至っておりませんが
引き続き、オイラの欲しい物リストに入っています。
倍率、サイズ感、防水仕様、などは まあ良くある仕様ですが
特に明るくシャープな星像を約束する高品位光学系というカタログ表記が
オイラには印象的で どんだけ良く見えるのかが とても気になって
仕方がありません。
あと、やはりピントリングの径が大きいので ピント合わせはしやすいですね。
微妙なピント合わせにも考慮した設計とのことで その点では安心感があります。
う~ん、とっても欲しいです。
近々 もしかしたら・・・。
02_vixen16
もう おなじみですが、こちら星空を観察するには非常に便利な双眼鏡です。
肉眼との倍率の差があまりないので、これで晴れた日の夜空を見ると
光害地でも「 わっ、こんなに星が見える! 」と思ってしまったことを
今でも思い出します。
これは一家に一台あってもイイかと。
ただ、それぞれ左右のピントをシッカリと合わせないと良く見えませんので
注意したいところです。
あと、どうしても不満なのが 周辺像が かなり劣化している点ですね。
正直 端の方は 許せないくらい劣化して星がビヨーンと伸びてしまっています。
フラットナー とか組み込まれた 双眼鏡に慣れた方は おそらく同意見かと
思われます。
ビクセンさん、この収差 どうにかなりませんかねぇ。
 
 
 
 

2017年3月 1日 (水)

CP+ 2017 行ってきました!(VIXENブース編 その2)

「VIXEN ブース編 その1」 のつづきです。
奥の方に入って行くと、ちょとヒョロッとした容姿の機材が・・・
 
■↓AP星空雲台 です。
 
02_vixen08
実は、VIXEN製品の新製品で オイラが一番欲しいかもしれない機材です。
ポラリエの兄貴分というイメージで、驚くほど軽いんですよね。
片手でヒョイっと持てます。
 
しかしながら、↓価格が・・・(汗)
 
02_vixen09
う~ん、かなり予算オーバーです。
 
さて、次に ポラリエ関係ですね。
 
 
02_vixen11
結構完成度は高いと思います。
良く考えられていますよね。
 
 
02_vixen12
これ、クランプを緩めると自由に回転するようになっていて
機材を自由な方向に向けられるような機構になっています。
もう少しスムーズに回転すると イイなぁ~ とか思いましたが
おそらく重い機材を乗せたことを想定しているのかもしれませんね。
 
 
02_vixen13
このスライド雲台プレートDDを スライドさせることによって
簡単に機材のバランスがとれるようにしてあるんですね。
これはイイ アイディアですね。
しかも、長穴があるので 常時 極軸望遠鏡で極軸合わせが可能なわけです。
■↓他のパーツなどを組み合わせると こんな形になるようですね。
 
02_vixen10
製品化まで やっとたどり着きましたね。
技術の方、お疲れ様です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「VIXEN ブース編 その3」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

2017年2月28日 (火)

CP+ 2017 行ってきました!(VIXENブース編 その1)

■↓CP+ 2017 ビクセン(VIXEN)のブースに行きました。
 
02_vixen01
今年は、なんとなく VIXENブースの雰囲気が違いました。
なにやら上から 何かが降っているかのような ツララ状のLED照明?が沢山。
昨年と比べると ちょっと暗い雰囲気でしたね。
さて、最初に目に入ってきたのは、こちら
■↓FL55鏡筒
02_vixen02
 
02_vixen04
 
昨年も 同じ 名前のがありましたが、外観が とっても変わりましたね。
昨年は、プロトタイプのような感じがあって
ムリヤリ展示会に間に合わせた感が強かったのですが
今年は、製品の試作っぽく完成度も高い感じがしますね。
フード部が伸縮して、収納時には とてもコンパクトになるところが良いと思います。
しかし、ちょっと重いと感じてしまいました。
光学性能、どうなんでしょうかね。
 
■↓SD70S鏡筒
02_vixen03
 
02_vixen05
こちらは、昨年は 見た記憶がないので 初お目見えかと思います。
こちらもフード部が伸縮して、収納時には とてもコンパクトになります。
FL55Sよりも 少し口径が大きいので、
撮影や観望の幅が広がりそうで魅力的です。
重さが分かりませんが 場合によっては ポタ赤にギリギリ乗るかもしれせんね。
■↓アイピース・HRシリーズ
02_vixen06
短焦点屈折望遠鏡で 超高倍率を出すには もうこれしかありません。
通常時に使うにも十分で、なにしろ明るいです。
自分も、このアイピースを使って実感しているので、それだけは断言できます。
そして 年に何回かるか変わらない超好シーイングのときに
このアイピースの性能が100%発揮されるようですが
それを楽しみに購入してしまったといっても過言ではありません。
夢を買ったと言っても良いかもしれませんが
ある意味そんなアイピースかもしれません。
■↓アイピース・SSWシリーズ
02_vixen07
 
もう馴染みのある 見掛視界83°のアイピースです。
比較的 視野周辺まで良像を示してくれるので光学性能はグッドです。
また、コンパクトで軽量なので扱いが楽でとても良いと思います。
今や この超広視界が当たり前になりつつある世の中です。
しかし、一度 この素晴らしい超広視界を体験すると
標準的なアイピースである50°程度の視界が
とても狭く感じてしまうという恐ろしい副作用がありますので
注意が必要かもしれませんね。
世間では、広角病 とか 広角症 とか 言われているようです。
 
もうオイラは、このアイピースのうち1本を所有していて
そういった病にかかってから ずいぶんと年月が経ちます。
そして、年々類似の視野が得られるアイピースが増えてきて
自宅にゴロゴロしている状態です。
皆様、お気をつけ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「VIXEN ブース編 その2」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
 

2017年2月27日 (月)

CP+ 2017 行ってきました!(BORGブース編 その2)

 
BORG107FL のすぐ隣に展示してありましたのが こちら。
 
 
01_borg07
 
01_borg08
オイラも所有する対物レンズ89EDの黒仕様に(オイラのは白です)
カーボン鏡筒 と ラックピニオン接眼部 を組み合わせた セットです。
現実的には、このレベルの鏡筒が経済的にオイラには合っているので
眼視用に一本準備しておきたいものですね。
理想的には、次のフローライトに手を伸ばしたいところです。
 
 
01_borg09
 
01_borg10
少し、夢の世界に入っていますが 一度は
この鏡筒で 超高倍率による 木星や土星を
撮影&観望をしてみたいものです。
 
さて、現実の世界に戻りつつ・・・
やはり、軽量コンパクトなものが好きなので 
 
01_borg11
 
01_borg12
こういうコンパクトな鏡筒は、準備や撤収が気軽でとても好きです。
急に晴れても、すぐに出せますし、急に曇っても、すぐに撤収できます。
ストレスは極小ですみますから とても有難いことです。
ミニボーグ55FL対物レンズ【2555】、とっても欲しいですねぇ。
■↓ポータブル赤道義コーナー
 
01_borg13
もう、このコーナーは定番ですね。
時代の流れで、このコーナーは必須と言っても良いかもしれません。
今年は、ポラリエが無かったのが寂しいのですが
左の BORG90FL のはインパクトありますよね。
「このポータブル赤道義に乗せても大丈夫なんだぁ~。」
と感心してしまいます。 
さて、話は変わりますが
天体の楽しみ方として(一概には言えませんが)
淡い天体は、観望よりも撮影が勝るかと思いますが
明るい天体(月、金星、火星、木星、土星、二重星、明るい星団、など)は
観望の方が勝る(楽しい)傾向があります。
特に 木星は3~5月に見頃を迎えますし
環の見やすくなっている土星も 5~7月に見頃を迎えます。
焦点距離の短い ミニボーグ、コ・ボーグ、であれば
導入も楽チンなので 木星の縞模様、土星の環、は
小さいながらもバッチリ見えますから オイラもこれからが楽しみです。
と言うことで、今年はBORGから天体のセットが沢山出たので
観望(眼視)の楽しさを知っていただく方が増えることを期待したいですね。
そして、BORG観望ユーザーが増えることを密かに楽しみにしています。
 
 
 
 

2017年2月26日 (日)

CP+ 2017 行ってきました!(BORGブース編 その1)

今年も CP+ に行ってきました。

カミさんは、毎年の恒例行事ということで認識していたみたいで

先週、「CP+ は、いつ行くの?」と 逆に聞かれました。

(行かせてもらうことを相談する前に です。)

とてもありがたく思います。いや~助かりますね。

とは言うものの いつもながら、自由時間の少ないオイラ。

サクサクと必要最低限のブースに行きました。

■↓BORG(ボーグ)ブースです。

01_borg01

今年は、なんとなくスッキリとして見やすい感じですね。

それから、昨年までは野鳥屋さんを強く意識をした感じでしたが

今年は、星屋さんを強く意識した感じかありました。

何しろ、展示会の前に作られた 総合最新カタログの表紙が

キャンプ場の夜空の下にいるような雰囲気ですし、

天体鏡筒セット、天体フルセット、というものが沢山載っています。

最初に目に入った製品は・・・

■やはり、これです↓BORG107FL !

01_borg14

01_borg02

01_borg06

いや~、いつか手にしたい商品です。

やはり、フローライトで見る星空は 格別です。

スッキリとした見え味で気分が良くなること間違いなしだと思います。

他社でも フローライトを使用した鏡筒はありますが

軽量でコンパクトな鏡筒という点では BORGを超えるメーカはありません。

中年のオイラは、つくづく感じますが 光学性能が抜群に良くても

重かったり、大きかったりすると 準備や撤収に気力・体力が必要なので

結局使用頻度が低くなる傾向にあります。

場合によっては、全く使わないとか・・・

これでは本末転倒です。

やはりオイラが思うに

光学性能、操作性、重量や大きさなどの扱いやすさ、価格、などの条件が

バランス良い製品が評価される時代となってきていると感じています。

■↓微動雲台(黒)【3106】

01_borg03

これは地味かもしれませんが、とても素晴らしい製品だと思います。

色違いですが、オイラは 片持ちフォーク式赤道儀【3101】  を

長年愛用しています。

ここまで軽量・コンパクトでシッカリとした作りの製品は

他に見たことがありません。

■↓アルカクランプボーグ用【3110】

01_borg04

ボーグ片持ちフォーク式赤道儀 を アルカスイス対応にすべく

アイテムです。

これは、時代の流れによって 出来るべく出来た製品と言えるでしょう。

実は、オイラも こんなものを待っていました。

以前から、片持ちフォーク式赤道儀【3101】

ボーグ以外の鏡筒を乗せてみたいとか思っていましたから

これで実現できそうですね。

■↓アングルプレート35III【3335】

01_borg05

よくオイラも こういう形で アングルプレートに 微動雲台(片持ち赤道義)を

乗せて使用していますが、36ED、45ED、50アクロ、60ED、67FL、などの

超軽量・コンパクトな鏡筒であれば ほぼ問題ありませんが

今回展示してある 107FL では 正直言って剛性に難ありました。

接眼部を少し触れただけで アングルプレート35III【3335】を軸に

グラグラしていましたから。

低倍率では 問題は極小かと思いますが

高倍率では おそらくピント合わせの時などに

ブレて操作性か損なわれる(ピントが合わせにくいかも?)と思いました。

やはり、107FL は高倍率で 眼視のメリットが大きく出てくるので

純正のセットでは ユーザー側で工夫する余地がありそうです。

BORGは鏡筒のメーカーという認識が強いので

あまりこのあたりをダメ出しするのもコクかもしれませんが

ちょっと参考意見としてコメントさせていただきました。

(実際に使用した経験上の意見ではありませんので)

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「BORG ブース編 その2」 につづく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

2016年3月 6日 (日)

CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その5)

「CP+ 2016 行ってきました!(VIXENブース編 その4)」 の続きです。

オイラ男性陣には、少々驚くような塗装色のポラリエがありました。

■↓ポラリエ(ピンク)

Cp2016vixen25

これを見た瞬間、「カミさん好みの色だ・・・(汗)」と思っちゃいました。

やはり、女性は こういった色が好みの方が多いようですね。

これ参考出品かと思いますが ある意味 この色は暗順応させる眼にとっても

今までの中ではベストな色なのかもしれませんね。

販売したら、意外と売れたりして・・・。

ピンクのポラリエを見て、思い出しましたが

最近追尾精度をもっと高めたいとか思っていて・・・

そうすると 次はAP星空雲台 を考えたりしています。

■↓AP星空雲台

Cp2016vixen28


Cp2016vixen29

これらのセットがどの程度の重さなのかと、持ち上げさせてもらったのですが

思った以上に軽かったのにはビックリでした。

これだけ軽ければ、ポラリエからのアップグレードとして

検討する価値があると思いました。

ポラリエと比較して、デメリットとして考えられるのは

コントローラと電源が別に外付けとして設けられていることです。

(正直、ポラリエに慣れていると わずらわしいですね。)

このあたりをどうクリアしていくか、それから あとはお値段なんですよね。

意外と費用が必要になるので、そこをどうクリアするかですかね。

■↓AP経緯台の乗せられた屈折望遠鏡 が中央にありました。

Cp2016vixen32

実は、機材よりも その右にあるボードに目がいってしまいました。

「スターパーティ」と書かれているボードです。

その周りに土星っぽいイラストや月や恒星のイラスト、フォークやスプーン

飲み物っぽいイラスト、こういったのを見ているとメルヘンな世界に入ったようで

楽しいですね。

さらに上の方に目をやると↓こんな感じになっています。

Cp2016vixen31

さらに上には・・・↓つまり天井です。

Cp2016vixen24

こんな風に星空と神話に出てくる星座絵が描かれていました。

とっても綺麗でしたよ、これ。

天井を ここまで 凝って作ったメーカさんは他にはないと思います。

こんな細かな演出の効果なのか、オイラが見る限り大盛況だった感じがします。

特に女性客比率が他と比べて多い感じがしましたよ。



より以前の記事一覧

広告


☆お勧め商品!

  • 笠井トレーディング WideBino28 ワイドビノ28
  • スコープテック × ヒノデ 星座望遠鏡
  • 月刊 星ナビ 2018年 3月号
  • Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42
  • Vixen 双眼鏡 星見双眼鏡SG6.5×32WP
  • Vixen 双眼鏡 ジョイフルH 6×18
  • Vixen 双眼鏡 アリーナH 8×21WP ダハプリズム式 8×21WP
  • Vixen 双眼鏡 ソラプティLiteH 8×21WP

最近のトラックバック